What's New -新着情報-

NEWS

2012/02/24

第84回アカデミー賞主演女優賞ノミネート
『マリリン 7日間の恋』主演ミシェル・ウィリアムズ3月上旬、初来日決定!!


この度、3月24日(土)より全国公開となります『マリリン 7日間の恋』の主演ミシェル・ウィリアムズが3月上旬に初来日することが決定致しました。

ミシェル・ウィリアムズは、世界的スターであるマリリン・モンローを演じ、第69回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門の主演女優賞を見事獲得。ゴールデン・グローブ賞主演女優賞は、マリリン・モンロー自身も第17回にて受賞した記念すべき賞です。
現在もなお世界中の映画祭を席巻し、2月27日に発表を迎える第84回アカデミー賞主演女優賞ノミネートを果たしました。

来日中は、3月13日にTOHOシネマズ六本木ヒルズでのジャパンプレミア等を予定しており、現在、TSUTAYA ONLINE、ozmall、ウーマンエキサイトシネマにてジャパンプレミア試写会へのご応募を受け付けております。

本作は、世界のセックス・シンボルと謳われたマリリン・モンローの誰も知らなかったラブロマンスを、コリン・クラークによる回想録を元に映画化。『ブロークバック・マウンテン』『ブルーバレンタイン』でもオスカー候補となったミッシェル・ウィリアムズがマリリン・モンローを演じるほか、エディ・レッドメイン、ケネス・ブラナー、ジュディ・デンチ、エマ・ワトソンら豪華俳優陣が出演しております。


【ストーリー】
世界中から愛された、“世紀のスター”マリリン・モンロー
たった7日間の恋に落ちたのは、名もなき23歳の青年だった。

1956年、名優ローレンス・オリヴィエとの共演のため、イギリスへやってきたマリリン・モンロー。結婚したばかりの劇作家アーサー・ミラーを連れて、初めての海外での撮影に意気込む。しかしオリヴィエとマリリンは、演技法の違いで日々対立し、撮影は大幅に遅れていく。さらに不安定な彼女に創作活動を乱された夫は、先にアメリカへ帰国してしまう。孤独なマリリンを理解し支えてくれたのは、新人監督の青年だった−。
マリリン・モンローが初めて愛した年下の青年との間に芽生えた、約50年間封印されていた恋の実話がいま明らかとなる。


3月24日(土)より全国ロードショー

上映中!
8月3日(金)DVD&Blu-ray発売!