禅 ZEN

喜びも苦しみも涙も…。あるがままに。

Introduction -イントロダクション-

乱世の鎌倉時代――凛とした姿。揺るぎない孤高の精神。
清冽な生涯をおくった道元禅師の知られざる物語が、
750年の時を超え、今、蘇える!

禅からZENへ。
時を超え、人を超え、今、世界は、ひとつになる。

21世紀は「心の時代」といわれる。混迷を極め、心の荒廃が取りざたされる現在、禅ZENが世界に与える希望ははかりしれない。
750年前の乱世の鎌倉時代、困窮する人々やいくさで滅ぼされた怨霊におびえる時の権力者の苦悩を、自らもひとつになって受けとめていった孤高の人、道元禅師。彼によって導かれた禅ZENの教えは、今なお人々の心に輝き、その光を失わない。

禅 ZEN

禅ZENとは、共に生きること。
道元禅師の清冽な生涯を通して描く、感動の歴史ロマン!

あるがまま、自然の流れに身を任せ、ただ坐るのみ・・・只管打坐(しかんたざ)。しかし、禅ZENとは、決してひとり坐禅を行うだけの孤独の行ではない。本作は、人と人とが共に生き、喜びや悲しみを分かち合い、明日への希望の光をどのように見出していくかを、道元禅師の清冽な生涯を通して描く感動の歴史ロマン。
既成仏教に疑問を抱き、大宋国にわたって正師と真実の教えに巡り合った道元は、日本に戻り、様々な出会いと別れの中で、時の権力に心の太刀で立ち向かい、万人を救済する真の教えを説いていく。その生き様は、心・精神の荒廃した今の時代だからこそ、観るものの魂を揺さぶってやまない。


時代を彩る華やかさ!今をときめくオールスターキャストが集結!

人々を支え続ける道元禅師を演じるのは、次世代の歌舞伎界を担う若手俳優、中村勘太郎。記念すべき単独初主演映画となった本作で、落ち着いた佇まいと安定した演技力、そして徹底した役作りの成果をいかんなく発揮し、道元禅師を現代に鮮やかに甦らせる。またヒロインのおりんを、進境著しい内田有紀が可憐に好演。容赦のない厳しい時代を生きるひとりの女の強さとはかなさを、凛呼とした姿で演じている。さらに、近年めざましい躍進を続ける藤原竜也が、苦悶する時の執権、北条時頼を熱演している。ほかにも競演陣として、村上淳、哀川翔、勝村政信、笹野高史、西村雅彦、高橋惠子など、錚々たるベテラン豪華キャストが顔を揃えた。
原作は「永平の風 道元の生涯」(文芸社刊)の大谷哲夫。監督・脚本を手がけるのは、『光の雨』や『火火(ひび)』『丘を越えて』などで数々の映画賞に輝く実力派監督、高橋伴明。時代を超えて、誰にも、どこにでも通じる精神世界を、胸に響く俳優たちの絶妙な演技と澄み渡る映像美で崇高に描いた不朽の一作がここに誕生した。