Story -ストーリー-

絶望の中でひらめいた完全犯罪

満開の桜の木の下で、一人の男がつぶやく。「死ぬにはちょうどいい日だ」
伊達秀吉(高橋克典)38歳。仕事もない、金もない、家もない。あるのは借金と前科だけ。何をやってもうまく行かず、自殺を思い立つがそれすら失敗。そんなどこまでも惨めな秀吉の目の前に、「家出してきた」という少年・伝助(林遼威)が現れる。聞けば家は遠くに見える庭の大きな屋敷、6歳のくせに携帯電話を持っていて、秀吉とは全く面識がない。秀吉の頭の中に何かが閃く。「お前の家出、助けてやるよ」 秀吉は“ 誘拐”という人生最後の賭けに出た。

誘拐ラプソディー

動き出す謎の組織

そのころ伝助の家では、秀吉からの身代金要求の電話を受け大騒ぎとなる。黒服を着た屈強な男たちが広い屋敷の中で、秀吉の車を携帯電話のGPS機能で追跡。「発信元の現在位置は半径500mです」「追え!」どう見ても警察とも普通の家族とも思えない者たちが、大掛かりな捜査を開始、身代金受け渡し場所に指定されたファミレスに黒塗りの車が何台も向かう。

誘拐ラプソディー

完全犯罪成立のはずが

要求した身代金は5000万。秀吉にはある作戦があった。一度は伝助の父親(哀川翔)をファミレスに呼び出すが、そこには秀吉は姿を見せず、車に乗るように外から電話を掛ける。さらに車を走らせると今度は電車に乗るように再度電話で指示。イラつく父親をよそに秀吉は最後の指示を伝える。電車から線路に投げ出されるカバン。成功だ! 大金を手に、秀吉は夢中になって走り出す。すると突然、秀吉の目の前にコワモテの男がどこからともなく現れ・・・・。

誘拐ラプソディー

伝助、お前は一体何者なんだ?

危機一髪、男たちの追跡をかわした秀吉は、待っていた伝助を問いただす。
伝助の口から出た言葉に、秀吉は半狂乱状態に。伝助の父親は、地域最大級の暴力団篠宮組の組長だったのだ。手にした金よりも自らの命を守るために、必死の大逃亡が始まった。


さらに警察も動き出す!

篠宮組のただならぬ様子をじっと見守る男がいた。黒崎警部補(船越英一郎)は日ごろから組の動向に目を光らせていたが、今度ばかりは何が起こっているのか分からない。組員たちが向かった先を調べあげるうちに、彼らが血眼で捜しているのは、敵対する組の者でも街のチンピラでもない、一人の冴えない男・秀吉であることを突き止める。

追われる、追う、さらに追う・・・・
男たちが最後に行き着く先とは?