Staff -スタッフ-

監督
榊英雄 

1970年6月4日生まれ 長崎県出身。
95年、『この窓は君のもの』主演で俳優デビュー。その後も『VERSUS ヴァーサス』(00)『ALIVE アライヴ』(02)に主演、『突入せよ!あさま山荘事件』(02)『あずみ』(03)『北の零年』(04)などに出演し、俳優としてのキャリアを重ねる中、志願して助監督を務め現場経験を積み、07年『GROW ―愚郎―』で長編監督デビュー。本作は『ぼくのおばあちゃん』(08)に続き長編3作目となる。

原作
荻原 浩 『誘拐ラプソディー』(双葉社刊) 

1956年埼玉県生まれ。
成城大学卒業後、広告会社勤務を経てコピーライターとして独立。97年「オロロ畑でつかまえて」で第10回小説すばる新人賞を受賞し、作家デビュー。05年「明日の記憶」で第18回山本周五郎賞を受賞。おもな著書に「ハードボイルド・エッグ」「神様からひと言」「僕たちの戦争」「母恋旅烏」「ひまわり事件」などがある。

主題歌「元少年の歌」
フラワーカンパニーズ 

名古屋が生んだ“日本一のライブバンド”。89年、名古屋にて中学・高校の同窓だった鈴木圭介(Vo)、グレートマエカワ(B)、竹安堅一(G)、ミスター小西(Dr)の4人で結成され、95年にアンティノスレコードよりメジャーデビュー。01年には、アンティノスレコードを離れ、活動を模索する中で、ライブに開眼、自らのレーベル立ち上げに参加し、04年には「深夜高速」を発表。年間100本超のツアーを行うといった、ROCKな活動が数多くのアーティスト達からリスペクトを集める。08年メジャーへ復帰。09年には結成20周年を迎えた。初のオールタイムベストアルバム「フラカン入門」が発売中。
(http://www.flowercompanyz.com)

脚本
黒沢久子 

福島県出身。
大学卒業後、テレビ局アナウンサー、日本語教師、マーケティング・コンサルタント、スポーツ・エージェントなどを経て脚本家に。携わったおもな映画作品に、『TOKYO NOIR トウキョーノワール』(04)、『ソースの小壜 〜重松清「愛妻日記」より〜』(06)、『素敵な夜、ボクにください』(07)、『私は猫ストーカー』(09)、『キャタピラー』(若松孝二監督/夏公開予定)などがある。

音楽
榊 いずみ 

1968年12月11日、兵庫県出身。
92年、ソニーよりアルバム「君なら大丈夫だよ/橘いずみ」でデビュー。鋭い言語感覚と叙情的な世界を同時に持つシンガーソングライター。コンスタントなライブ活動を続ける一方で上戸彩氏、森進一氏などへの楽曲提供もおこなっている。最近では、夫である榊英雄監督作品のサウンドトラックも製作。『GROW-愚郎-』『ぼくのおばあちゃん』は、定評のあるソングライティングで、独特の世界観を作り出している。
(http://sakakiizumi.com/)

撮影
藤井昌之 

伊藤昭裕氏、笠松則道氏、篠田昇氏に師事し、03年に瀧澤正治監督の『ベースボールキッズ』で劇場映画デビュー。携わったおもな作品に、『ニライカナイからの手紙』(04)、『虹の女神』(06)、『イエスタデイズ』(08)、『ドロップ』『おと・な・り』(09)などがある。公開待機作に『私の優しくない先輩』(山本寛監督/夏公開予定)と、『君に届け』(熊澤尚人監督)がある。

美術
井上心平 

1974年8月14日、兵庫県出身。
青山学院大学卒業後、映画美術の世界に入る。02年にテレビドラマ「私立探偵 濱マイク」で美術を担当。06年にはマドンナが日本で初めて撮影したPV『Jump』のアートディレクターを務めた。携わったたおもな映画作品に『青春☆金属バット』(06)、『たとえ世界が終わっても』(07)、『恐怖』(夏公開予定)などがある。榊監督作品への参加は『GROW-愚郎-』『ぼくのおばあちゃん』に続き3作目。

照明
舘野秀樹 

1969年1月6日、神奈川県出身。
88年にフリーの照明助手として活動を開始し、04年の『七人の弔』で照明技師としてデビュー。携わった主な映画作品に、『鳶がクルリと』『ゲルマニウムの夜』(05)、『魂萌え!』『黒帯 KURO-OBI』(06)、『歌謡曲だよ、人生は』『パーク アンド ラブホテル』(07)、『昴-スバル-』(09)、『おと・な・り』『MW-ムウ-』(09)、『月と嘘と殺人』(10)などがある。

録音
岩丸 恒 

1968年7月18日、東京都出身。
日本映画学校卒業後、フリーの録音助手を経て、福島音響へ入社。現在、CinemaSoundWorks株式会社所属。携わったおもな映画作品に、『ゲット★イット★オン?』(01)、『呪霊 THE MOVIE』(03)、『犬と歩けば チロリとタムラ』(04)、『風のダドゥ』『神の左手 悪魔の右手』(06)、『全然大丈夫』(07)、『東京残酷警察』(08)、『おのぼり物語』(夏公開予定)などがある。

編集
清野英樹 

1974年3月18日、宮城県出身。
バンタン映画映像学院に在学中から(有)フィルムクラフトへ編集助手として入社。金子尚樹氏、矢船陽介氏、また晩年の浦岡敬一氏の編集助手を勤める。携わったおもな作品に、映画『新・日本の首領』(04)、『想文 〜おもひぶみ〜』(05)などがある。テレビ、Vシネ作品も多数経験。榊監督とは『GROW-愚郎-』、『ぼくのおばあちゃん』などでコンビを組んでいる。