NEWS -ニュース-

2010/06/17

映画『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』がクランクアップ!

©2010「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」製作委員会



人気急上昇中の若手女優・大政絢主演、『パンドラの匣』の主演も記憶に新しい染谷将太共演で、2011年公開予定の映画『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』が、11日(金)クランクアップを迎えました!

『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』は、アスキー・メディアワークス 電撃文庫より現在シリーズ10冊まで発売され、累計90万部を売り上げている入間人間の大人気ライトノベル。小学生姉弟の失踪事件と謎の連続殺人事件が同時に起こっている街を舞台に、「みーくん」こと「僕」と、「まーちゃん」こと御園マユのハチャメチャで残酷で、信じられないくらい純粋なラブストーリーが描かれています。

映画化が決定した時点で、ファンの間で賛否両論巻き起こった本作の監督は、東京藝術大学大学院映像研究科などを卒業し、今最も注目されている若手女性監督のひとりである瀬田なつき
原作を読んだ当初は「本当に映画になるのか、疑問に思った」というが、脚本を起こすにあたって原作を読み込むうちに、
「原作の『嘘だけど』という口癖にあるように、正面から本当のことを言うのを避けたり、傷ついたり傷つけるのを避けて本音を知られないように言葉をズラしたり。でも、本当はお互いのことを想い合いたいからという、矛盾しているけど、ある意味シンプルなところは誰にでも思い当たるのではないかと思った」
と作品の魅力を分析。

今回映画化するにあたり、
「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃんという究極のカップルの、ある意味最強のラブストーリーを目指した」
と語る瀬田監督。ライトノベルと作家性の高い監督との化学反応に期待がかかります。

映画『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』は2011年公開予定。
お楽しみに!!