ピアニストを撃てTirez sur le Pianiste

好評発売中!

ピアニストを撃て

INTRODUCTION

シャルリは、パリの場末のカフェのピアノ弾きだった。郊外で小さな弟とひっそり暮らす彼は二人の兄の悪事によって、ギャングとのいざこざに巻き込まれることになる。悲しい過去をもつシャルリは、やっと見つけた愛する人さえも銃撃戦で失い、失意のもと再びしがないカフェのピアノ弾きに戻って行った…。

ヒッチコックに傾倒したトリュフォーが描いたサスペンス。雪の中で繰り広げられる美しく秀逸なラスト・シーン。シャルル・アズナヴールの切ない演技とジョルジュ・ドルリューの音楽が物語のムードをさらに高めた酒脱な一編。

CAST

  • シャルル・アズナヴール
  • マリー・デュボワ
  • ニコル・ベルジェ
  • アルベール・レミー
  • クロード・マンサール
  • ダニエル・ブーランジェ
  • シャール・カナヤン
  • セルジュ・ダヴリ
  • ジャン=ジャック・アスラニアン
  • ミシェール・メルシエ

STAFF

  • 監督・台詞: フランソワ・トリュフォー
  • 脚本: フランソワ・トリュフォー、マルセル・ムーシー
  • 助監督: フランシス・コニャニー、ロベール・ボベール
  • 記録: シュザンヌ・シフマン
  • 撮影: ラウル・クタール
  • 録音: セシル・ドキュジス、クローディーヌ・ブーシェ
  • 音楽: ジョルジュ・ドルリュー

製作年:1960年/製作国:フランス/製作:Les Films de la Pléiade(ピエール・ブロンベルジェ)
モノクロ/1時間22分/5巻/2240m/スコープサイズ/モノラル/字幕翻訳:山田宏一