ションヤンの酒家Life Show(生活秀)

「山の郵便配達」の感動が今でも鮮烈です。一歩一歩大地を踏みしめて歩く父と息子。
彼らが歩くことによって、小さな幸せや小さな悲しみ、つまり"人生"を配達してもらえた人たち。
監督は霍建起(フォ・ジェンチイ)でした。その、待望久しい彼の新作が遂に登場します。

[an error occurred while processing this directive]
ションヤンの酒家

INTRODUCTION

重慶の旧市街に一軒の屋台を持っている女性がいる。ションヤン。
一度の離婚歴、子どもはいない。彼女の酒家は流行っている。売りものの"鴨の首"の美味もさることながら、何よりも美人で勝気なションヤンの"キャラ"が人気を呼ぶのだ。
通い詰める男が何人かいるが、悩みも多かった。彼女の親族、実の父、兄夫婦、弟、それぞれが一身上の問題を抱え、それらすべてに彼女自身が関わらずを得なくなっているからだ。
さらにこの心地よい屋台街にも都市開発の波が押し寄せてきた。自分の恋もままならない。
かくて、ションヤンは毎日闘っている―。牧歌的な「山の郵便配達」の次に、それこそ今の今、大都会に生きる女性の喜び、悲しみ、不安。

フォ・ジェンチイ監督は、変動激しい現在の中国をしっかりと見つめ、そこに生きる女性を描こうとする。同時に、現在中国が抱える"家族"の問題がそこに浮上する。何と言ってもションヤンを演ずる陶紅(タオ・ホン)の芝居が圧倒的で、近年の中国映画では初めて本格的な女優が現れたと絶賛された。
これまでの中国女優にはない新鮮な魅力をふんだんに見せてくれる。日本でも大いに注目されることになるだろう。

CAST

  • 陶紅(タオ・ホン)
  • 陶澤如(タオ・ザール)
  • 瀋粤明(パン・ユエミン)
  • 張世宏(チャン・シーホン)
  • 呉瑞雪(ウー・ルイシュエ)
  • 李嘯塵(リー・ショウチェン)

STAFF

  • 監督: 霍建起(フォ・ジェンチィ)
  • 原作: 池莉(チ・リ)
  • 脚本: 思蕪(ス・ウ)
  • 撮影: 孫明(ソン・ミン)
  • 音楽: 王小鋒(ワン・ショウフン)
  • 製作総指揮: 黄誠堅(ホァン・ツンジェン)

2002年上海国際映画祭最優秀女優賞・作品賞・撮影賞/2002年金鶏賞最優秀脚本賞・主演女優賞

製作年:2002年/製作国:中国/製作:中国電影集団公司 第二制作公司
提供:電通テック、テレビ朝日、小学館/原作:「ションヤンの酒家」小学館刊/字幕監修:森川和代
カラー/1時間46分/5巻/2890m/ビスタサイズ/字幕翻訳:古田由紀子