ソローキンの見た桜

日露戦争時代、松山のロシア兵捕虜収容所を舞台に、日本人看護師とロシア将校、二人の壮大な愛と、現代まで続く不思議な運命の物語。日露合作プロジェクト、ついに完成!

2019年3月16日(土)愛媛県先行公開
2019年3月22日(金)角川シネマ有楽町ほか全国公開

  • THEATER
  • OFFICIAL SITE
ソローキンの見た桜

INTRODUCTION

史実に基づく時代を超える“絆”、日露戦争時代のロミオとジュリエットー

日露戦争時代、日本には多くのロシア兵捕虜収容所が存在した。その中でも、日本で初めてロシア兵捕虜収容所が設けられたのが、愛媛県・松山市だった。この松山を舞台に、運命的に出逢ってしまった日本人看護師とロシア将校の二人を中心に、日露戦争時代から現代まで続く数奇な運命を辿った2人、そしてその子孫が巡る、不思議な運命の物語。

主演の日本人看護師役に、「孤狼の血」で鮮烈な印象を残した若手実力派・阿部純子。映画やドラマ、CMに出演、また監督としてもメガホンを取る斎藤工。「沈黙‐サイレンス‐」で強烈な存在感を示したイッセー尾形。ロシアからは国内きっての演技派、ロデオン・ガリュチェンコ、アレクサンドル・ドモガロフが参加。今作は、本格的な日露合作プロジェクトによって完成した。脚本・監督は、ロシアでロシア人俳優を起用し撮影、衝撃的なSFの世界観を「レミニセンティア」で実現した新鋭・井上雅貴。井上は、アレクサンドル・ソクーロフ監督の「太陽」のメイキングやCM、番組制作を手掛けてきたが今回満を持しての長編作第二弾となる。

CAST

  • 阿部純子
  • ロデオン・ガリュチェンコ
  • 山本陽子(特別出演)
  • アレクサンドル・ドモガロフ
  • 六平直政
  • 斎藤工
  • イッセー尾形

STAFF

  • 監督・脚本・編集: 井上雅貴

製作年:2018年/製作国:日本/製作:「ソローキンの見た桜」製作委員会
配給:KADOKAWA
111分