Story -ストーリー-

 山岳地帯の上空。航空自衛隊、航空救難団小松救難隊の高性能ヘリUH−60Jを操縦する、23歳の川島遥風(はるか)(高山侑子)。彼女は、かつて母の命を救ってくれた救難団に憧れ、救難ヘリの新人パイロットとして訓練の途上にあった。サバイバー(要救助者)を収容後、高度を上げようとした彼女は、一瞬、操縦を誤り、機体を激しく揺らす。「アイ ハブ コントロール!」怒号とともに操縦を代わる隊長・菊田2佐(三浦友和)‥。
 それは、命を落とすことさえある厳しい訓練だった。小松基地に悄然と降りた遥風を、腕組みして見つめる飛行班長・3佐の鷹栖美那(木村佳乃)がいた。
  遥風への不信感を露にする同乗のメディック(救難員)の瀬南(渡辺大)。「訓練中に墜落しそこなったんだって?」と、からかい半分で励ます戦闘機F−15Jパイロットの横須賀(金子賢)。救難ヘリ初の女性操縦士の存在は、良くも悪くも基地中の注目の的だった。

 数日後、嵐の海で漁船・栄光丸が座礁した。遥風の初の実任務が始まった。先発の救難捜索ジェット機U-125Aの美那から、漁船の正確な位置が伝えられ、遥風はUHの副操縦席で漁船へのアプローチ開始を告げる。慎重にヘリを船上へと近づける機長の早稲田(春田純一)。大波に翻弄される漁船。林立するマストやアンテナに串刺しになる危険をかいくぐり、メディックの柿崎(中村俊太)は、ホイスト(ケーブル巻き上げ機)で船に降り、漁師達をケーブルでつり上げてゆく。だが、最後の1名を捜索中、UHの燃料は限界に達し、無念にもミッションは中止された。
 その時、眼下の甲板に油まみれの男が這い出す!「もう一度、アプローチしてください!」遥風は早稲田に懇願する。だが、それはヘリを燃料切れで墜落に追いやることを意味する。早稲田が「黙れ!」と一喝したその時、高波が、男の姿をさらった‥。
 翌日。格納庫で膝を抱え落ち込む遥風に、瀬南は、阪神大震災で妹を死なせてしまったこと、だが感傷や憧れで救難をやってはいけないことを語る。瀬南の優しさと仲間意識を初めて感じ、微笑む遥風。

 半月後、強風の剣岳には、サバイバーを救出し、ホイストで吊り上げられた瀬南がいた。操縦士は織田1尉(井坂俊哉)。突然の突風に、UHがバランスを崩し、瀬南は、サバイバーをかばって背中から岩に叩き付けられた‥。
 空自のエース戦闘機パイロットから救難ヘリに配置転換させられた“F転”の織田は、この事故で自分を責めて孤立する。整備責任者の碧(鈴木聖奈)も、命を預かる重圧に押しつぶされそうになっていた。
 横須賀は、自分のバイクを直してもらうことで、“整備士”碧をさり気なく励ます。走り出す2人のバイクの脇に、爆音とともに遥風のUHが並ぶ。碧は、皆の友情が嬉しく、黙々と整備の仕事を再開する。それを見つめ、ひとりではなく、仲間と共に命を背負うことの意味を初めて感じる織田。
 そんな時、遥風が離島から緊急搬送し、手術も成功したはずの少女・彩が病院で急死した。彩からの感謝の手紙を握りしめ、遥風は嗚咽を止められない。救えない辛さを乗り越えようとする彼女を、黙って見守る菊田。実は、彼にも、パイロットだった美那の父を燃料切れで救えなかった過去があった‥。

 一ヶ月後、瀬南の現場復帰、横須賀と碧の婚約という明るい話題に基地は沸く。
 その数日後、小松救難隊に非常ベルが鳴り響く。横須賀1尉が操縦する306飛行隊F−15Jがレーダーから消えたのだ!
 ただちに、捜索のため、美那のU-125が発進した。だが、基地に待機中のUHはトラブルで飛ぶ事ができず、新潟からの増強を待つ時間的余裕もない。横須賀救出は、貨物船火災で出動中の2機のうち、サバイバーを乗せていない、遥風が搭乗するUHに託された。
 「アイ ハブ コントロール!」。船尾の爆発で負傷した機長の織田に代わり、遥風が操縦桿を握る。頷く織田、ガッツポーズの瀬南。だが、捜索は困難を極めた。横須賀の有効意識時間は、もう残り僅か。その時、U-125Aから横須賀発見のマーカーが投下された。遥風が、今まさに救出を開始しようとしたその時、UHの残燃料は残酷にもリミットを示す‥。小松基地で、コックピットで、重い沈黙が流れる。「川島、戻れ。お前は皆の命を預かっている。このままでは機内の全員が遭難する‥」基地の菊田の苦渋の声。
 しかし「救いたい!」という遥風の強い思いは、織田にも瀬南にも、父を同じ状況で亡くした美那にも、基地で祈る碧や他の仲間にも、さらには菊田にも、共通のものだった。遥風は、皆の心を背負い、パイロットとしての誇りを胸に、ある命懸けのミッションに突き進む‥。