Cast -キャスト-


渡辺大 

1984年生まれ 東京都出身。
01年、TVドラマ「壬生義士伝〜新撰組でいちばん強かった男〜」の主人公・吉村貫一郎の青年時代の役で俳優デビュー。その後、NHKの大河ドラマ「武蔵」(03)に豊臣秀頼役で、「功名が辻」(06)に森蘭丸役で出演し注目される。03年『ぷりてぃ・ウーマン』で映画デビュー。その後、『男たちの大和/YAMATO』(05)、『バッテリー』、『俺は、君のためにこそ死ににいく』、『クローズZERO』(07)、『ラストゲーム 最後の早慶戦』(08・主演)、『プライド』、『風が強く吹いている』(09)、『彼岸島』(10)などに出演。身長184cmの恵まれた体躯と父譲りの鋭い目力で、若手実力派俳優の中でも大きな存在感を示している。


奥田瑛二 

1950年生まれ 愛知県出身。
俳優・故 天知茂に師事。 79年にっかつ『もっとしなやかに もっとしたたかに』(藤田敏八監督)主役に抜擢され頭角を現す。86年『海と毒薬』(熊井啓監督)で毎日映画コンクール男優主演賞受賞。94年『棒の哀しみ』(神代辰巳監督)では、キネマ旬報、ブルーリボン賞など9つの主演男優賞を受賞。01年、『少女』を初監督。監督第3作目の『長い散歩』は第30回モントリオール世界映画祭グランプリ・国際批評家連盟賞・エキュメニック賞の三冠受賞。また09年同映画祭の審査員を務める。


川村ゆきえ 

1986年生まれ 北海道出身
03年芸能界デビュー、「週刊ヤングジャンプ・制コレ2003」で準グランプリを受賞し、一躍グラビア界のアイドルとなる。06年園子温監督『気球クラブ、その後』で女優デビュー。07年にはNHK連続テレビ小説「どんど晴れ」、08年には「ウラノス」(演出 青木豪 青山円形劇場)「エブリリトルシング」(演出 岡村俊一 紀伊國屋サザンシアター)と立て続けに2本の舞台に出演。ほかにもCM、リポーターなどさらに活躍の場を広げている。


武田真治 

1972年生まれ 北海道出身
89年にジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞し、翌年俳優デビュー。92年のドラマ「NIGHT HEAD」で話題を集め、蜷川幸雄演出の「身毒丸」で初舞台を踏む。主な出演作に、舞台では「電車男」、「スウィニー・トッド」「トライアンフ・オブ・ラヴ〜愛の勝利〜」「エリザベート」「ブラッドブラザーズ」等。映画では『TOKYO EYES』(98)、『御法度』(99、日本アカデミー賞優秀助演男優賞、ブルーリボン助演男優賞)、『LOVE DEATH』(07)、『子猫の涙』(08)、『今日からヒットマン』(09)など。8月に舞台「ROCK’N’ ROLL」と、秋に映画『インシテミル』の公開が控えている。


かたせ梨乃 

1957年生まれ 東京都出身
大学在学中よりモデルとして活躍、79年『隠密同心・大江戸捜査網』で映画デビュー。86年『極道の妻たち』では、準ヒロインながら鮮烈な印象を残し、同シリーズ『極道の妻たち?U』、『吉原炎上』(87)で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。その後も『肉体の門』(87)、『東雲楼女の乱』(94)など激しい役どころを好演、また『男はつらいよ、拝啓車寅次郎様』(94)ではマドンナとして新しい顔をスクリーンに刻んだ。また、テレビ、映画のみならず水着プロデューサーを務めるなど活躍は多岐にわたる。最新作に『カケラ』がある。


宅麻伸 

1956年生まれ 岡山県出身
78年、ドラマ「新・七人の刑事」でデビュー。翌79年NHK大河ドラマ「おんな太閤記」の石田三成役で注目を集める。82年伊藤俊也監督の『誘拐報道』で映画デビュー。主な出演作に『海ゆかば』(83)、『226』(88)、『極道の妻たち〜赫い絆〜』(95)、『戦国自衛隊1549』(05)、『僕らのワンダフルデイズ』(09)など。ドラマでも多数の出演作があり、「法医学教室の事件ファイル」は92年のスタート以来高い人気を得ている。


原田芳雄 

1940年生まれ 東京都出身
68年『復讐の歌が聞こえる』で映画デビュー。74年『田園に死す』、75年『祭りの準備』でブルーリボン賞助演男優賞受賞。89年『どついたるねん』で報知映画賞最優秀助演男優賞受賞、90年『われに撃つ用意あり』、『浪人街』でブルーリボン賞主演男優賞、日刊スポーツ映画大賞主演男優賞を受賞。その他多くの受賞歴がある。03年には紫綬褒章を受章。最近の出演作は『たみおのしあわせ』『歩いても歩いても』(09)など。公開待機作に『座頭市 THE LAST』(5月29日公開)がある。


夏八木勲 

1939年生まれ 東京都出身
66年『骨までしゃぶる』で映画デビュー。67年には『十一人の侍』で主演を務める。以後出演作を重ね、74年NHK連続テレビ小説「鳩子の海」で人気を博す。主な出演作に『女囚701号 さそり』(72)、『白昼の死角』(79)、『劒岳 点の記』(09)などがある。高い身体能力を生かし、時代劇やアクションなど幅広いジャンルで活躍、近年は重厚な演技で男女年齢問わず支持されている俳優の一人である。現在NHK大河ドラマ「龍馬伝」に出演中。