ウォルター少年と、夏の休日SECONDHAND LIONS

DVD&VIDEO 発売中!

スクリーンで観たい脚本No.1に選ばれた愛すべき物語がアカデミー実力派俳優のキャスティングで完全映画化!
"孤独な少年"と"かつてヒーローだったおじいさん"。
傷ついた心を再生させ、あったかい涙に包まれる、この夏最高の感動作。

Cast -キャスト-

ガース・マッキャン
マイケル・ケイン  Micheal Caine

1933年3月14日生まれ、イギリス出身。賞という賞を総なめにしている名俳優。マイケル・ケインにとって、2000年は記念すべき1年となった。「サイダーハウス・ルール」における演技で「ハンナとその姉妹」に続き二度目のアカデミー助演男優賞を獲得、さらにエリザベス女王からナイトの爵位を授与されて「サー・マイケル・ケイン」と呼ばれることになった。
国際的な映画スターとして活躍するケインは、これまでに80本以上の作品に出演している。「アルフィー」でニューヨーク批評家協会賞主演男優賞、「リタと大学教授」でゴールデン・グローブ賞と英国アカデミー賞、「リトル・ヴォイス」でゴールデン・グローブ賞を受賞。また「アルフィー」、「探偵スルース」、「リタと大学教授」、"The Quiet American"で、それぞれアカデミー賞にノミネートされている。近年も「オースティン・パワーズ ゴールド・メンバー」や「デンジャラス・ビューティー」、「クイルズ」、「追撃者」などの作品に出演。1992年の11月には、自叙伝"What's It All About?"を発表。俳優としてもさらなる躍進を続け、ニール・ジョーダン製作のコナー・マクファーソン監督作品"The Actors"やノーマン・ジュイソン監督の"The Statement"といった話題作の撮影を終えている。

マイケル・ケイン

ハブ・マッキャン
ロバート・デュヴァル  Robert Duvall

1931年1月5日生まれ。アメリカを代表する名優、アカデミー賞の常連としても知られるデュヴァルは「ゴッドファーザー」、「地獄の黙示録」、「パパ」で三度に渡ってノミネートを受け、「テンダー・マーシー」で念願の主演男優賞を獲得した。
デュヴァルは"The Apostle"で監督・脚本・出演の三役を務め、再びアカデミー主演男優賞にノミネートされている。また、「ディープ・インパクト」に続いて出演した「シビル・アクション」で6度目のノミネートを受けたほか、ゴールデン・グローブ賞の候補にも挙げられた。「60セカンズ」などの大作にも出演しているデュヴァルは、60年代から70年代にかけて「ブリット」、「勇気ある追跡」、「M★A★S★H」、「鷲は舞いおりた」などの作品でその才能を開花させた。
80年代に入ってからも「ナチュラル」、「ライトシップ」、「カラーズ/天使の消えた街」、TVのミニシリーズ「ロンサム・ダブ」といった作品に出演。1992年に自身の製作会社、ブッチャーズ・ラン・フィルムズを設立。ヒューマニタス賞を受賞した「ファミリー/再会のとき」や「審判」といった作品を手がけて、自ら出演も果たした。
また、「ザ・ペーパー」や、「スカーレット・レター」、「シックス・デイ」、などの作品にも相次いで出演している。2000年以降も積極的な活躍を続けるデュヴァルは、「ジョンQ」でも熱演を披露。最新作"Open Range"ではケヴィン・コスナー監督とタッグを組んでいる。

ロバート・デュヴァル

ウォルター
ハーレイ・ジョエル・オスメント  Haley Joel Osment

1988年4月10日生まれ、ロサンジェルス出身の天才子役。世界的な大ヒットを記録したM.ナイト・シャマラン監督の「シックス・センス」でブルース・ウィリスやトニ・コレットと共演したオスメントは、そのずば抜けた演技力で映画ファンに強烈な印象を与えた。同作品における演技により、オスメントはわずか11歳にしてアカデミー助演男優賞にノミネートされるという快挙を達成。また、ゴールデン・グローブ賞や俳優組合賞の候補にも選ばれ、数々の批評家賞に輝いた。
その後、スティーブン・スピルバーグ監督の「A.I.」に出演、ポーランドで撮影が行われた「ぼくの神さま」では、ナチス占領下でカトリック家庭に身を寄せるユダヤ人の少年を熱演。人気小説を映画化した作品「ペイ・フォワード 可能の王国」では、演技派として名高いケヴィン・スペイシーやヘレン・ハントと共演を果たしている。
5歳の頃から映画やテレビに出演しているオスメントは、オスカー受賞作品「フォレスト・ガンプ/一期一会」のフォレスト・ジュニア役でユース・イン・フィルム賞を獲得。また、ノーマン・ジュイソン監督の「僕のボーガス」では、ウーピー・ゴールドバーグやジェラール・ドパルデューと共演を果たしている。オスメントは人気TVシリーズ"Thunder Alley"でデビューを飾り、トム・セレック主演のTV映画"Last Stand at Saber River"とモーリン・オハラ主演のドラマ"Cab to Canada"、そして「シックス・センス」における演技により、3度に渡ってヤング・スター・アワードを獲得している。

ハーレイ・ジョエル・オスメント

メイ
キーラ・ゼジウィック  Kyra Sedwick

映画や舞台で多彩な活躍を続けるキーラ・セジウィックは、二度に渡ってゴールデン・グローブ賞候補に選ばれたのみならず、シアター・アワードやロサンゼルス・ドラマ・デスク・サークル・アワードといった権威ある賞の数々を獲得。また、ジョン・トラボルタ主演の大ヒット作「フェノミナン」にも出演しているほか、1995年のロマンティック・コメディ「愛に迷った時」ではゴールデン・グローブ賞候補に選出された。
このほかの代表作としてトム・クルーズの恋人役を演じた「7月4日に生まれて」やポール・ニューマン夫妻と共演した「ミスター&ミセス・ブリッジ」、キャメロン・クロウ監督の「シングルス」などが挙げられる。

キーラ・ゼジウィック

スタン
ニッキー・カット  Nicky Katt

近作の「インソムニア」でアル・パチーノに捜査員の座を奪われる地元の刑事を演じたニッキー・カットは、近日公開のスティーブン・ソダバーグ監督作品「フル・フロンタル」にも出演している演技派俳優。多彩な活躍を続けるカットは、オスカー受賞の脚本家クリストファー・マッカリーが監督を務めた「誘拐犯」で、ジュリエット・ルイス、ベニチオ・デル・トロらと共演。また、金融界を舞台にした「マネー・ゲーム」でジョヴァンニ・リビジら若手俳優と共演したのに続き、ウィリアム・フリードキン監督の「英雄の条件」ではトミー・リー・ジョーンズやサミュエル・L・ジャクソンらと顔合わせを果たした。

ニッキー・カット

ジャスミン
エマニュエル・ヴォージア  Emmanuelle Vaugier

人気ドラマ「ヤング・スーパーマン」のヘレン・ブライス役で広く知られるエマニュエル・ヴォージアは、カナダ出身の美人女優。ジョシュ・ハートネット主演の「恋する40days」をはじめ、SFスリラー「マインドストーム」、連続殺人鬼の研究ゼミに受講登録をした直後に謎の失踪を遂げた学生たちが主人公のサイコ・スリラー「RIPPER(リッパー)地獄からの手紙」といった独立系作品にも出演している。

エマニュエル・ヴォージア