プリピャチ〜放射能警戒区域に住む人びと〜Прип'ять

DVD発売中

チェルノブイリから4キロの町、原発事故から12年後の現実

Introduction -イントロダクション-

チェルノブイリ原発事故から12年。
『いのちの食べかた』のニコラウス・ゲイハルター監督による、「死のゾーン」と呼ばれる立入禁止区域で生きる人々をとらえたドキュメンタリー。

チェルノブイリ原子力発電所から約4キロメートルに位置する街、プリピャチ。1986年の原発事故の後、周辺30キロメートルが立入禁止区域「ゾーン」と呼ばれ、許可なく立ち入ることができない「管理されたゴーストタウン」と化している。「ゾーン」は有刺鉄線で覆われたフェンスで区切られ、兵士が区域内に入るすべての人々をチェックし、区域内からいかなるものも持ち出すことは禁止されている。原発や関連施設で働く人々や、許可を得て帰還した人々など、プリピャチの立入禁止区域で生きる人々を、『いのちの食べかた』のニコラウス・ゲイハルター監督がナレーションや音楽を排し、モノクロの映像で記録していく。


メディアが報じていない、事故後12年間の人々の思い・・・。
監督自らが現地に立ち入り、それぞれの立場から屈託なく語られる体験や複雑な思い、日常を丹念にすくいあげる。

映画の最後のシーン。雪景色の川辺で水を汲む老人が、川と自分の人生を同化させながら話し、「ここで死にたい」と言う。彼以前に、数えきれない人々がこの場所で生まれて死んでいったはずである。しかし川はもはや決定的に変わってしまい、彼の後に住む人はおそらくいないだそう。それでも自然は連綿と続いていく・・・。ゲイハルター監督は、人々に目を向けると同時に、人間の文明の後にくるであろう人知が及ばない時間・空間スケールから世界を俯瞰しながら、強いメッセージを込めてこの映画を作り上げた。


世界中の映画祭で受賞!後世に語り継がれる殊玉の作品。

受賞履歴:オーディヴェーラス 映画祭グランプリ、テアゴイナーレ オーストリア映画祭グランプリ、ミュンヘン国際ドキュメンタリー 映画祭グランプリ、ニヨン映画祭審査員賞・観客賞、イスタンブール映画祭 国際ドキュメンタリーなど