ピアニストLA PIANISTE

DVD好評発売中!

ぼくは あなたがどんなに哀しい秘密を持っていても愛しています

Staff -スタッフ-

監督/脚本
ミヒャエル・ハネケ 

1942年ドイツ、ミュンヘン生まれ。オーストリアのウィーン大学在学中には哲学、心理学、演劇を学ぶ。卒業後はドイツのTV局で脚本家として活躍。70年にTVドラマを初監督、同時に演出家として多くの舞台を演出。89年「セブンス コンチネント」で映画監督デビュー。同作品はロカルノ映画祭でエルネスト・アルタリア賞を受賞。その後も各作品それぞれが注目されていく。97年、「ファニーゲーム」はカンヌ国際映画祭コンペ部門に招待されたほか、各国で高い評価を得る。00年、ジュリエット・ビノシュ主演の「コード:アンノウン」がカンヌ国際映画祭にてエキュメニック賞を受賞。「ピアニスト」(01)はカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した。現代社会の奥に潜む<危うさ>を独特な映像と演出で鋭く描き続けるウィーン在住の巨匠。■作品73:Und was kommt danach?(TV) 76:Sperrmull(TV)、Dreu weg zum see(TV) 83:Variation(TV) 84:Wer war Edgar Allen?(TV) 85:Schmutz(パオルス・マンケア監督/台詞のみ) 86:Fraulein-ein deutsches melodram(TV) 89:セブンス コンチネント 91:Nachruf fur einen morder(TV) 92:ベニーズビデオ 93:Die rebellion(TV) 94:71フラグメンツ 95:キング・オブ・フィルム(挿話) 97:カフカの「城」、ファニーゲーム 00:コード:アンノウン 01:ピアニスト

原作
エルフリーデ・イェリネク 

1946年オーストリアのシュタイアーマルクに生まれ、ウィーンで育つ。4歳からフランス語、バレー、ピアノ、オルガン、ブロックフレーテ、バイオリン、ギターを習う。ウィーン大学で演劇学と美術史を専攻するが、父の重病と死、母の要求過多の教育志向のため、精神科医のセラピーを受ける。作業療法として文学の創作に打ち込み、技法を凝らした長編小説や多数の挑戦的戯曲を発表する。98年、ドイツ最高の文学賞ビューヒナー賞を受賞。また89年発表の「したい気分」はベストセラーとなる。