NEWS -ニュース-

2010/10/14

『オカンの嫁入り』第15回釜山国際映画祭レポート



現在、大ヒット公開中の映画『オカンの嫁入り』が、10/12(水)アジア最大の映画祭・第15回釜山国際映画祭「A Window on Asian Cinema」部門にて上映されました!

上映に先立ち、今回初めて釜山国際映画祭に参加した宮﨑あおいさん、大竹しのぶさん、そしてデビュー作『酒井家のしあわせ』に続いての招待となった呉美保監督が大興奮のファンを前に舞台挨拶を行いましたのでご報告いたします。

◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦
日 時:10月12日(火)16:30〜
場 所:釜山国際映画祭 特設野外舞台にて
登壇者:宮﨑あおい、大竹しのぶ、呉 美保監督 ※敬称略
◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦

宮﨑あおいさん
韓国に来るのは久しぶりです。
食べ物もおいしく、皆さんにこうして温かく迎えていただいて、本当にうれしいです。
『ヴァージン・スノー〜初雪の恋』(2006年)で韓国人俳優のイ・ジュンギさんと共演しましたが、言葉は違うけれど、良い作品を作りたいという思いは共通なので、彼や監督、スタッフと意思疎通が図れるように、お互いの言葉を勉強したいと強く思いました。
この作品では、現場でディスカッションを数多く重ね、監督とも何でも遠慮せずに意見をぶつけられました。
この作品を見て、家族と一緒にいることは、当たり前のことのようだけれど、実は素晴らしい奇跡なのだということを感じてもらえたら嬉しいです。

大竹しのぶさん
映画を愛する人(私たち)が作ったこの映画が、海を越えて皆さんに見てもらえることがとても嬉しいです。
作品を楽しんでください。
釜山映画祭は初めてですが、韓国には来たことがあります。
韓国ドラマも大好きでたくさん見ています。胸に残るセリフや共感できるセリフがたくさんあり、その国に来られて幸せです。
(司会者から日本を代表する実力派俳優と紹介されて、照れながら)私はお芝居が大好きなんです。

呉 美保監督
2回目の釜山国際映画祭に来られて本当に嬉しいです。
デビュー作の『酒井家のしあわせ』に続いて家族を描く作品となりましたが、色々な人を見てその人のバックグラウンドを考えたり想像することが好きなので、"家族"はこれからも描き続けていきたいテーマです。
私の中では、ソウルは東京、釜山は大阪というイメージがあるので、大阪が舞台の『オカンの嫁入り』が釜山の皆さんに共感してもらえると嬉しいです。