Cast -キャスト-

いけちゃん・声
蒼井優 

いけちゃん:ぷよぷよした不思議ないきもの。
色んな所から現れる。困ると小さくなる。
女の子と話していると
真っ赤になって怒り出す。
熱が出たときは冷たくなっておでこを
冷やしてくれる。・・・そして謎。


85年生まれ。福岡県出身。小学生の頃からモデルとして活動をはじめ、99年に約1万人の中からミュージカル「アニー」のポリー役に選ばれ女優としてデビュー。
01年に、岩井俊二監督の『リリイ・シュシュのすべて』で映画初出演。その後、02年、三井のリハウスの10代目リハウスガールに選ばれ、03年、「高校教師」で初めて連続ドラマにレギュラー出演するなど、活躍の場を広げていった。05年には、7本の映画出演作が公開され、『ニライカナイからの手紙』で単独初主演を果たし、翌年の釜山国際映画祭にてアジア映画を担っていく女優としてカーテンコールに選出された。
06年には、映画『フラガール』などでの好演が認められ、第30回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、第49回ブルーリボン賞主演女優賞をはじめ、多くの映画賞を受賞。その他の作品に、『偶然にも最悪な少年』(03)、『花とアリス』(04)、『男たちの大和/YAMATO』(05)、『ハチミツとクローバー』(06)、『シュガー&スパイス 風味絶佳』(06)、『鉄コン筋クリート』(声の出演・06)、『人のセックスを笑うな』(07)、『明日への遺言』(07)、『百万円と苦虫女』(08)など。
若手女優の中でもトップクラスの実力派として高い評価を得ており、どんな役でもリアリティーを持って演じられる幅広さ、スクリーンの中で放つ圧倒的な存在感に、映画監督たちからの出演依頼が後を絶たない。仕事への真摯な取り組み方は有名で、作品の徹底的な解釈や全体像を掴んだ上で役柄に最善を尽くす姿には、スタッフが舌を巻くほど。反面、人一倍、家族やごく普通の日常を大切にする姿にも、男女ともに好感度が高く、その活躍は雑誌界やCM界でも目覚しい。ものごとへの考え方、生きる姿勢そのものが、演技をする上での彼女の魅力にも通じている。今後の作品に、山田洋次監督、吉永小百合主演の『おとうと』(来年公開予定)などがある。

蒼井優

ぼく
深澤嵐 

ヨシオ:9才。漁師町に暮らす小学生。
感受性が強く、色々なモノが見えたりそばにいたりするが、
本人は細かいところは気にしていない。


96年生まれ。東京都出身。「みんな昔は子供だった」(フジテレビ)、「ナツコイ」(TBSテレビ)など、テレビドラマで活躍し、お茶の間の好感度も高いが、『子ぎつねヘレン』(05)など映画の出演も多い。主な出演作品に、『そのときは彼によろしく』(07)、『イキガミ』(08)、『GOEMON』(09)、など。特技はサッカー、好きな言葉は「一生懸命」。

深澤嵐

お母さん(美津子)
ともさかりえ 

美津子:35才。ヨシオの母。パートで働きながら豪快に家事や子育てをこなすが、か弱い一面も。

79年10月12日生まれ。92年にトヨタ自動車のCMでデビュー、96年には歌手デビューする。
女優としては、テレビドラマ『金田一少年の事件簿』が大人気となり、その後、テレビドラマ、映画、CM、舞台と幅広い分野で常に注目を浴びる。08年はNHK大河ドラマ「篤姫」にも出演、ほか、映画『次郎長三国志』、『1980』『クロエ』など多数。06年6月に開始したオフィシャルブログでは、軽妙な語り口による愛情豊かな子育てや、料理上手な家庭的な一面が、同世代の女性を始め、あらゆる層で熱く支持されている。

ともさかりえ

お父さん(茂幸)
萩原聖人 

茂幸:35才。ヨシオの父。口では威勢がいいが、実は気弱で女性に弱い大酒飲み。

71年8月21日生まれ。90年ドラマ「はいすくーる落書2」の不良少年役で鮮烈な注目を集める。山田洋二監督『学校』(93)、崔洋一監督『月はどっちに出ている』(93)で日本アカデミー賞新人賞などを受賞。崔洋一監督『マークスの山』(95)、黒澤清監督『CURE キュア』(97)で日本アカデミー賞、ブルーリボン賞などで助演男優賞を受賞。その他、『カオス』(00)、『光の雨』、『この世の外へ〜クラブ進駐軍』(04)、『樹の海』(05)、『力道山』(06)、『バッテリー』(07)など。09年には、『旅立ち〜足寄より〜』、『釣りキチ三平』、『鑑識・米沢守の事件簿』が公開予定。

萩原聖人

清じい
モト冬樹 

清じい:65才。牛乳屋。温和そうに見せておきながら、実は元空手家。ヨシオ達にも本気。

51年5月5日生まれ。78年にグッチ裕三やウガンダ・トラらとコミックバンド『ビジーフォー』を結成し、音楽によるコミックソングや、ものまねで人気を得る。その愛される人柄や軽快なトークで芸能界・お茶の間ともにファンが多く、数多くのテレビ番組やCM、吹き替え声優などで活躍。06年に公開された『ヅラ刑事』では、主演に加え、主題歌も担当した。

モト冬樹

みさこ、ミサエ(2役)
蓮佛美沙子 

みさこ:17才。隣に住むヨシオの憧れのお姉さん。
ミサエ:18才。ヨシオが大学生のときに出会う女子大生。みさこによく似ている。


91年2月27日生まれ。05年スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスでグランプリ受賞後、06年映画『犬神家の一族』でデビュー。翌年は映画『バッテリー』に出演後、映画初主演を果たした『転校生 -さよなら あなた-』でキネマ旬報ベスト・テン 日本映画新人女優賞、高崎映画祭 最優秀新人女優賞を受賞する。08年には『七瀬ふたたび』で連続テレビドラマ初主演を果たした。その他の出演作に、『DIVE!!』(08)などがある。

蓮佛美沙子


柄本時生 

哲:23才。みさこと駆け落ちするちんぴらヤンキー。

89年10月17日生まれ。03年阿部雄一監督『Jam Films S すべり台』(05)のオーディションに合格。いきなりの主演デビューを果たす。その後、『テニスの王子様』(06)、『幽閉者・テロリスト』(07)、『奈緒子』(08)、『フレフレ少女』(08)、『ホームレス中学生』(08)など話題作に次々と出演。08年CM「ソフトバンク」、「ファブリーズ」のオンエアが相継ぐ中、タナダユキ監督『俺たちに明日はないッス』(08)にて長編初主演をつとめ、注目を集めた。公開待機作にSABU監督『蟹工船』などがある。

柄本時生

あずき洗い
岡村隆史 

あずき洗い:妖怪。おとなにはまず見えない。山の中、家の中でヨシオを見ている。

70年7月3日生まれ、大阪出身。90年に矢部浩之とナインティナインを結成。吉本印天然素材に参加し東京進出後、92年に第13回ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞を受賞。
お笑いやバラエティで活躍するほか、映画俳優としては、『岸和田少年愚連隊』(96)で矢部とともにW主演、『無問題』(99)・『無問題2』(01)では堂々のシリーズ主演、他に、『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(03)、『妖怪大戦争』(05)、『少林少女』(08)などで演技力を高く評価されている。

岡村隆史

池子
吉行和子 

池子:60才。晩年のヨシオが出逢ったさいごの恋人。

東京生まれ。57年、劇団民藝の「アンネの日記」で主役に抜擢される。劇団民藝を退団後、58年にフランキー堺主演『ぶっつけ本番』で映画デビュー。60年には『にあんちゃん』『才女気質』で毎日映画コンクール女優助演賞を受賞する。78年には大島渚監督の『愛の亡霊』に主演し日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。さらに『折り梅』(01)などで02年毎日映画コンクール田中絹代賞を受賞している。映画界・テレビ界での活躍のほか、83年にエッセイ集「どこまで演れば気がすむの」で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。その多才ぶりに出演依頼、執筆依頼が後を絶たない。

吉行和子

大学生のヨシオ
池松壮亮