イーグル・アイEagle Eye

スピルバーグ、全人類に警告

それは、全てを見ている。
 しかし、その姿は決して見えない。

  • OFFICIAL SITE
[an error occurred while processing this directive]

Story -ストーリー-

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』
製作総指揮 スティーブン・スピルバーグ

主演 シャイア・ラブーフ

米国国防総省、国家軍事指揮センター。国防総省ジェフ・カリスターは、重大な決断を迫られていた。指名手配中のアフガニスタンの容疑者を爆撃するか、否か。身元の商号が不完全なまま、大統領の命に従い、葬式に参列中のターゲットを狙撃するが、その行為によって、内外からの脅威を引き起こしてしまう。

シカゴ。コーヒーショップで働くジェリー・ショー(シャイア・ラブーフ)に、実家から連絡が入る。彼と全く同じ顔をした双子の兄弟、イーサンかが交通事故で亡くなった為、呼び戻されたのだった。空軍の広報室長をしていたイーサンは、一家の誇りだった。

その頃、シングルマザーのレイチェル・ホロマン(ミシェル・モナハン)は、8才になる息子のサムを、ワシントンDCのケネディ・センターで開催されるコンサートに向けて送り出していた。サムが生まれてから、離れて過ごすのは初めてで、不安を隠しきれない。女友達と久々に羽を伸ばしている最中、携帯電話が鳴り、知らない女性からの不可解な着信を受ける。
とおり向かいの該当モニターに息子の映像が映し出され、愕然とする中、自分の指示に従わなければ、サムを殺すと、その声は告げた。


シカゴの自宅に戻る途中、ジェリーは、残高を確認しにATMに立ち寄る。空の筈の口座に75万ドル振り込まれていた。さらに、自宅には、組立式の軍事用機材が届いていた。そして、彼の元にも、同じ女性から電話が入る。即座に逃げなければ、逮捕されると警告を受けるが、逃げる間もなく逮捕されてしまう。

FBIの取調室に連行されたジェリーは、エージェントのトーマス・モーガン(ビリー・ソーントン)に無罪を主張。ひとり残された彼の元に、先ほどと同じ女性から着信が入った。彼女は、ジェリーのいる部屋を窓ごと破戒し、そこから飛び降りろと指示する。なすすべもなく、指示に従い、逃亡するジェリー。

女性の指示を追って乗り込んだポルシェのカイエンには、レイチェルが乗っていた。面識のない2人は、互いに警戒心を募らせるが、ともに得体の知れない声によって追跡され、操作されていたことに気づく。