Story -ストーリー-

その学校のそのクラスには、誰にも話してはならない“秘密”がある。
避けられない死 の連鎖に挑む少年と少女の運命は!?
美しき謎に満ちた前代未聞の学園ホラーミステリー

1998年春。15歳の榊原恒一(さかきばらこういち)は、大学教授である父親が海外に行っている間だけ、母方の祖父母がいる山間の地方都市・夜見山市で暮らすことになった。

転居早々肺に持病を持つ恒一は、発作を起こし倒れてしまうが、幸い担ぎ込まれた病院で回復をする。ある日、病院のエレベーターで恒一は制服を着た眼帯の美少女と出会う。思わず見入ってしまうが、少女は不可解な言葉を残し消えてしまう。そこは、地下2階霊安室のある場所だった・・・。

夜見山北中学校の3年3組に転入することになった彼が登校すると、病院で出会った少女・見崎鳴(みさきめい)が教室にいた。恒一は彼女の存在を気にかけるようになる。どういうわけか彼女は、クラス内で奇妙な扱いを受けていた。クラスメート全員や担任の先生までもが、“まるで彼女など存在しないかのように”振舞っているのだ。恒一は鳴を問いただそうと追いかけるが、その都度見失ってしまう。

そんな中、クラスメートの一人が、恒一と鳴の姿を見て凍りついたように足を止め、その直後、不慮の事故により惨死した。

やがて、その後も3年3組のクラスメートとその親族の間で、不吉な出来事が次々と起こり、死者が増えていく。まるでクラスの中に死への扉が開いてしまったかのように…。