角川映画オススメシネマ映子の部屋-EIKO's ROOM-

今月のピックアップ・バックナンバー

今月のピックアップ・バックナンバー

第50回「50回記念特集&『大映70周年記念特集〜我が心の大映』第1回 成田三樹夫の世界(前篇)」

私、大井利一(50回を機に改名しました)が敬愛する俳優、成田三樹夫。子供の頃、見ていたテレビ・映画に登場しては強烈な印象を残す悪役俳優でした。顔と名前が一致してからは、テレビ欄で名前を見つけてはチャンネルを合わせ、映画広告で名前を見つけては劇場に足を運びました。1990(平成2)年春、「4月のスペシャルドラマに出ていなかったなぁ、ご病気かなぁ」と思った矢先、ラジオから流れた訃報に涙しました。

そんな私のハートを掴んで離さない成田三樹夫の略歴を作品と共にご紹介します。 1935 (昭和10) 年1月31日、山形県酒田市で五人兄弟の三男として生を受けました。生前に半生を語るインタビューで「兄たちは秀才で、同じ酒田東高校に入った時に職員室が『成田兄弟の三男坊が来る』って騒ぎになったらしいけど、来たのは落ちこぼれの俺だった」という主旨の話を豪快に笑いながらされていました。1954 (昭和29) 年に山形大学に入学するも1958 (昭和33) 年に中退、翌年に俳優座に入所。1963 (昭和38) 年に俳優座を卒業し、大映と専属契約を結びます。

彼の俳優人生は、大映入社後の『殺られる前にやれ』(’64)というアクション映画の敵ボスの子分役でスタートを飾りました。その後も何本かの作品に助演をしましたが、その名を一躍とどろかせたのが、『兵隊やくざ』(’65)での青柳憲兵隊長役です。任務として憲兵の役割、且つ自らの野心を果たすためには手段を選ばないという冷徹な役を、クールな眼差しを携えて演じ、主役のカツシンに匹敵する存在感を示しました。シリーズ5作目の『兵隊やくざ 大脱走』(’66)のカツシン演じる大宮二等兵と、田村高廣演じる有田上等兵と心を通わせつつも銃弾に倒れて死んでいくサマは、語り草の名シーンです。カツシンと殴りあうポスタービジュアルは恐ろしくカッコイイです。『座頭市地獄旅』(’65)では、凄腕の浪人・十文字糺役を演じ、カツシンとはプライベートでも競い合ったという将棋を、座頭市に合わせて頭の中で指していきます。クライマックスの対決シーンは、この脳内将棋の緊迫感が居合対決に向けた緊張感と相まってシリーズ屈指の仕上がりです。これらの演技で、それまでの“ただあくどい”、“最後に自滅する”という悪役のイメージに、“ニヒル”・“理知的”という新風を巻き起こしました。 『氷点』(’66)でヒロインの若尾文子を惑わす二枚目医師を演じた後、『ある殺し屋』(’67)で市川雷蔵の相手役に抜擢されます。雷蔵が演じる殺し屋・塩沢への依頼人である暴力団幹部・前田を演じ、色と仕事のケジメが付けられない詰めの甘さっぷりを遺憾なく発揮。ラストに発する台詞で場をさらいました。続いて共演した『眠狂四郎無頼控 魔性の肌』(’67)では、敵役・三枝右近を熱演。狂四郎と同じ暗い出生の秘密を持つ隠れキリシタン黒指党の首領として、行く先々に趣向を凝らした罠を仕掛け、狂四郎を追い詰めます。 松方弘樹・峰岸徹(当時・峰岸隆之介)を向こうに回し獅子奮迅する敵ボスを演じた『皆殺しのスキャット』(’70)が大映最後の出演作になります。 1971(昭和46) 年、大映の倒産を受けてフリーになりましたが、その後の活躍は1月アップ予定の後篇にて。

今月ご紹介した『氷点』『ある殺し屋』は11月23日から角川シネマ有楽町で始まる記念特集上映「映画は大映」で上映されます(詳しくは、こちら)。
“大映が発足してから70年、大映作品を継承した角川書店がたぎる情熱と渾身の力をこめてお届けする「大映70周年プロジェクト」、「大映70周年プロジェクト」(詳しくは、こちら)。ご期待ください!”
引用符括弧部分(“”内)は、昭和の名調子ナレーションの如く、一本調子で音読してください。

殺られる前にやれ

製作年:1964

復讐に待ったはない!
恐るべき非道を爆発させる痛快アクション!

兵隊やくざ

製作年:1965年

起床ラッパは女郎屋で聞いて、
喧嘩で直す二日酔い!

兵隊やくざ 大脱走

製作年:1966年

自分勝手に少尉に進級!
オレが代わって指揮をとる!

座頭市地獄旅

製作年:1965年

居合の腕は俺より凄い!
恐るべき奴が現れた!
地獄に行くのは貴様か俺か!

氷点

製作年:1966年

忌まわしき出生の秘密を持つ娘とその家族の愛憎を描く文芸作品。

ある殺し屋

製作年:1967年

俺の殺しに指図は無用! プロに徹した殺し屋が見せる恐るべきテクニック!

眠狂四郎無頼控 魔性の肌

製作年:1967年

今宵また、抱いた女体に殺気が走る! 抱いて燃えず、斬って冷たし円月殺法!

皆殺しのスキャット

製作年:1971年

赤外線スコープに映った不敵な笑い・・・シカゴ帰りのガンマン対皆殺しのライフルマン!!