角川映画オススメシネマ映子の部屋-EIKO's ROOM-

今月のピックアップ・バックナンバー

今月のピックアップ・バックナンバー

第42回「音楽と映画」

『ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』は、<サウンド・イズ・ゴッド>-インドで出会ったラヴィ・シャンカールのその声に誘われるようにして自ら音楽の伝道師となり、ビートルズのリード・ギタリストからユニバーサルな音楽世界へと飛躍していったジョージ・ハリスン。その生涯の足跡を、貴重な未公開映像と彼を取り巻く多くの仲間たちの膨大なインタビューによって辿りながら、彼が切り拓いた壮大な音楽世界と<ジョージ・ハリスン>という実像を、巨匠マーティン・スコセッシ監督が慈愛にあふれる眼差しで見つめていく至福の音楽ドキュメンタリー映画です。
子供時代からビートルズに参加し、世界の若者を虜にする様子、そしてラヴィ・シャンカールとの出会いからスピリチュアルな世界へ開眼していくまでを描く前半と、ビートルズ解散後にジョージならではの音楽を紡ぎ出す様子、更に家族が語るプライベートのジョージに迫る後半の2部構成で多面的にジョージの実像を描きます。もちろん、ジョージ自作の全27曲を始めとし、ジョージ・ハリスンの音楽世界を網羅した挿入50曲以上がクリアな迫力あるサウンドでお聴きいただけます。
限定ロードショーで始まった『ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』ですが、ご好評の声を受け、一部の劇場で公開延長が決まっています。詳しくは公式サイトでご確認ください!

『ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』にちなみ、今月は音楽映画をご紹介します。

大映作品で現代劇音楽映画のほとんどを手掛けたのは島耕二監督。俳優としてキャリアをスタートし、溝口健二・内田吐夢・田坂具隆など巨匠が監督する作品に出演後、39年の『雲雀』で念願だった監督業をスタートさせました。大映退社後は、香港でもメガフォンを取りました。

『緑の小筐』(’47)は、自分探しに出てしまった父親に、息子が母親の病を知らせようと箱に母親急病を記した手紙を入れて川に流す。その小箱が様々な人や場所を経て、奇跡的に父の手に渡り、再会を果たす物語。その小箱の行く先々で合唱が入ったり、前衛的舞踏が入ったりと歌と踊りのエンターテイメント作品に仕上がっています。

『幻の馬』(’55)は、大映社長だった永田雅一の持ち馬・伝説の名馬トキノミノルをモデルにし、動物と人間のふれあいと、日本ダービー優勝を目指す八戸に住む牧場一家の成長を描いた物語。撮影当時の東京の町並み(競馬場・皇居・工場・野球場など)が映し出される他、八戸市の町の様子、震災により失われた海岸線など貴重な映像資料でもあります。子馬・タケルを牧場の息子・次郎が歌を唄って励ますシーンなどが印象で、自身も音楽を一部担当。笑えて、泣ける(4回は最低保障)という邦画らしい古き良き時代の作品です。

『いつか来た道』(’59)は、優れた音楽才能を持つ盲目の弟に、献身的愛情を捧げる姉の美しい生き方、そしてこれをとりまく善意に満ちた人々の交流を描くお話。ペンフレンドであるウィーン少年合唱団の来日と同時に発病した少年が彼等の友情に満ちた歌声に囲まれるラストシーンは感動の嵐を呼び起こし、全篇美しい詩情と清らかな感動で綴られる作品です。「この道」「美しき青きドナウ」など数々の名曲が作品を彩ります。

『アスファルト・ガール』(’64)。南米の珈琲園のオーナーを自称する青年が、帰国して早々に友人たちから結婚を迫られ、苦し紛れにコール・ガールを恋人に仕立て上げるが、実は青年にも言うに言えない秘密があった…。『回転木馬』の振り付けを担当したロッド・アレキサンダーをミュージカルシーン監督として迎えた力作です。

残念ながら、今回ご紹介した作品は全てDVDを発売しておりません。『幻の馬』は、12月24・25日で青森県八戸市の南郷文化ホールで上映会があります。私が登壇するトークイベントもございますので、お近くの方は是非足をお運びください(詳しくは、こちら)。
『ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』は12月23日にDVD&ブルーレイが発売されます。年末年始は、おうちでじっくりと音楽三昧に浸るのはいかがでしょうか?

緑の小筐

製作年:1947年

音楽をふんだんに盛り入れた、戦後間もなくの前衛的ミュージカル映画の傑作!

幻の馬

製作年:1955年

“幻の馬”と呼ばれ、伝説の名馬・トキノミノルをモデルにした感動作! 古き良き日本の姿がここにある!

いつか来た道

製作年:1959年

あなただけに聞いてもらうために僕達は日本に来ました! 少年と少年の心を結ぶ愛と涙のコーラス!

アスファルト・ガール

製作年:1964年

華麗なるメロディ! ダイナミックな踊り! ミュージカルにのったエネルギーの祭典!