角川映画オススメシネマ映子の部屋-EIKO's ROOM-

今月のピックアップ・バックナンバー

今月のピックアップ・バックナンバー

第35回「熱き友情に身も心も温かく!」

今もって韓国と北朝鮮の緊張度が消えない中、2月19日から公開する『戦火の中へ』は、朝鮮戦争時に命を落とした学徒兵が母親宛に綴った手紙に基づく真実のお話です。同じ民族が殺し合うことの理不尽さ、家族や学友への想い、そして生きることへの渇望を切々と綴った母親宛の手紙が、朝鮮戦争の最前線で戦死した、当時中学3年生だったイ・ウグン少年の遺体に残されていました。

進撃を続ける北朝鮮軍に対し、韓国軍が劣勢に立たされた1950年8月、韓国軍は主力を最前線に移すため、浦項(ポハン)にある軍司令部の防衛を学徒兵71人に託した。そのリーダーたる指揮官を任されたのは、戦闘経験があった優等生のジャンボムだった。北朝鮮軍に両親を殺され復讐を誓う不良少年のガプチョは、ジャンボムと事あるごとに衝突する。一方、北朝鮮軍の最強部隊を率いる冷徹な指揮官・ムランは、最終目的地である釜山(プサン)への近道として浦項に電撃作戦を開始する。圧倒的な戦力の差の中、ジャンボムとガプチョは敵対関係を乗り越え、男同士の固い絆を結ぶ。果たして、ジャンボムとガプチョは、軍司令部を守り通することが出来るのか?
学徒兵のリーダー・ジャンボムを演じるのは、人気グループ“BIGBANG”のT.O.Pことチェ・スンヒョン。復讐に燃える反逆児・ガプチョを、日本でも絶大な人気を誇るクォン・サンウが演じている。北朝鮮軍のムラン隊長をチャ・スンウォンが、学徒兵に慕われる韓国軍の大尉・ソクテをキム・スンウが演じ脇を固める。監督は、『私の頭の中の消しゴム』・『サヨナライツカ』のイ・ジェハンが務め、戦争映画という新たな分野に挑戦した。実話ということで戦闘シーンもリアルに表現し、その臨場感は必見! 熱き男たちの人間ドラマを描いた『戦火の中へ』にご期待ください!

今月は『戦火の中へ』の公開に合わせて、戦いの中で男同士の熱き友情を描いた作品をご紹介します。

戦争は人間を極限状態に追い込みますが、海中奥深くに潜む潜水艦内は更に過酷な戦場。そんな潜水艦に閉じ込められた43人の若者たちの生き様を描いたのは『U・ボート』(’81)。第二次世界大戦、ナチスドイツ占領下のフランスの港町を出向する潜水艦U96が舞台。海中という逃げ場が無い場所で、更に狭い潜水艦内。対立も深まりますが、一度築いた友情は強固なものです。

戦場で熱い友情に結ばれた二人の男を描いたのは「兵隊やくざ」シリーズ。勝新太郎演じるやくざの用心棒をしていた大宮二等兵と、田村高廣演じる名門の血筋ながら幹部試験をわざと落ち続けるインテリ古参兵の有田上等兵という日本映画屈指のコンビが過酷な戦場を痛快に駆け回る作品です。ここでは敢えて大宮と有田の友情ではなく、二人と対立を続けながらも、最期に彼らと熱い友情を育む青柳憲兵隊長にクローズアップ。青柳は、第1作の『兵隊やくざ』(’65)から二人を付け狙う憲兵隊長として登場。第5作『兵隊やくざ大脱走』(’66)では、将校に化けた大宮と有田を追い詰めます。しかし、ゲリラに囲まれた開拓団を助けるため、三人は共闘。青柳は大宮の身代わりとなり、二人に手を握られたまま笑って死んでいきます。この青柳憲兵隊長を演じるのが、日本映画史上最高の悪役俳優として知られる成田三樹夫が好演! 私生活でも勝新と仲が良く、成田三樹夫が亡くなられた時、騒動の渦中にあった勝新は、葬儀を混乱させないために泣く泣く弔問を見合わせたという逸話があります。

日本で常に戦いがあった時代は戦国時代。そんな戦国時代にタイムスリップしてしまった自衛隊の栄光と挫折を描いたのが、『戦国自衛隊』(’79)。タイムスリップした自衛隊の隊長・伊庭(千葉真一)と越後の武将・長尾景虎(後の上杉謙信)の時代を超えた友情の悲しい終わりに熱い涙を流すことでしょう。海の岩場で、ふんどし姿で語り合う二人のシーンも、ある意味名場面です。

今月ご紹介の作品は全てDVDが発売されています。
立春を過ぎたとは言えまだまだ寒い日が続きます。熱い男の友情を描いた作品を見て、身も心も温かくされるのはいかがでしょうか?

戦火の中へ

製作年:2010年

その勇気が未来を変えた。
届かなかった母への手紙、夢と希望を抱いた71人の感動の実話

U・ボート

製作年:1981年

第2次大戦を舞台に、ドイツ軍潜水艦の乗組員たちの行動を描いた戦争人間ドラマ。

兵隊やくざ

製作年:1965年

元ヤクザの用心棒・大宮貴三郎が入隊し、指導係のインテリ上等兵・有田は頭をかかえるが、奔放な大宮に奇妙な友情を感じて・・・。シリーズ第11作は、大宮と有田の出会いと、男としてお互いに惹かれ合っていく二人の姿をテンポよく描くる。

兵隊やくざ大脱走

製作年:1966年

終戦直後の北満州で、大宮と有田は将校に化けて避難民と共にソ連軍や共産ゲリラから逃げ延びるが、潜り込んだ103部隊には二人の正体を知る宿敵・青柳がいた。

戦国自衛隊

製作年:1979年

半村良のSF小説を基に、戦国時代にタイムスリップしてしまった自衛隊員たちの戦いを描くアクション大作。