夜明けの街で

DVD好評発売中!

この恋は、甘い地獄。
彼女が天使とは限らない。

動画

夜明けの街で 予告

Windows Media

Introduction -イントロダクション-

200万部突破のベストセラー映画化!東野圭吾による初のラブ・ストーリー。

原作は、ミステリーの巨匠が初めて“恋愛”をテーマに執筆したことが話題になりすでにベストセラーとなっていた同名小説。東野作品は『白夜行』『容疑者Xの献身』『手紙』など映画化も多く、いずれもヒットを記録している。


岸谷五朗、深田恭子、木村多江と豪華キャストが集結。田中健、萬田久子、中村雅俊ら実力派俳優陣も参加!

良き家庭人でありながら思わぬ恋に翻弄される主人公渡部を、男の色香を漂わせながら演じるのは岸谷五朗。渡部の相手役の秋葉には深田恭子、これまでガーリーなキャラクターを演じることが多かった彼女だが、過去に秘密を抱えた大人の女性を演じきり、女優として大きな飛躍を遂げている。本作の直前に公開された『セカンドバージン』では、夫に不倫をされる妻という本作とは逆の立場を演じたことでも注目を浴びた。渡部の妻を演じる木村多江の熱演も見どころである。


監督は『沈まぬ太陽』の巨匠、若松節朗。衝撃の結末が待つ禁じられた恋を、時に官能的に、時にエモーショナルに描く!

ベストセラー原作×豪華キャスティングの映画化でメガホンをとったのは、渡辺謙主演の大作『沈まぬ太陽』の大ヒットも記憶に新しい若松節朗監督。人間ドラマの演出に定評のある若松監督が、切なく激しい大人の愛の機微をすくいとる。


大人のラブ・ストーリーの舞台に相応しい街、横浜――。みなとみらい地区を中心にデート・スポットが多数登場!

原作同様、恋の舞台は、サザンオールスターズの楽曲がよく似合うロマンチックな街、横浜。地元の撮影協力を得て、インターコンチネンタルホテル、コスモワールド、赤レンガ倉庫、大黒埠頭など、横浜を知る人には馴染み深いデート・スポットの数々が劇中に登場!


久保田利伸によるエンディング・テーマ「声にできない」が、すべての真実が明らかになるラストを盛り上げる!