ヴィダル・サスーンVIDAL SASSOON THE MOVIE

その男は、ハサミ一つで世界を変えた。

ヴィダル・サスーン

INTRODUCTION

今年5月に逝去したニュースが世界中を駆け巡った、世界的スタイリスト ヴィダル・サスーン。
60年代ファッション・シーンを牽引し、現在の美容界に多大なる影響を及ぼした彼の挑戦と軌跡を描いたドキュメンタリー。


今やヘアケア製品の名前にもなっており、知らない人はいないほど世界で最も有名なヘア・スタイリスト、ヴィダル・サスーン。1950〜60年代ロンドンにて、ロングヘアが女性の一般的だった時代に“ファイブ・ポイント・カット”という斬新的なショートカット・スタイルを生み出し、ミニスカートのマリー・クヮントとともに、20世紀のファッション・デザインの革命を築いた。サスーンの斬新なヘアスタイルはVOGUEの表紙をかざり、ロマン・ポランスキー監督『ローズマリーの赤ちゃん』ではミア・ファローのヘアカットを担当するなど、ロンドンだけにとどまらず世界中に広がっていった。これは、美容界への変革、“アートとビジネス”の両立など常に挑戦を続けたサスーンの人生の軌跡を描いたドキュメンタリーである。

CAST

  • ヴィダル・サスーン
  • マリー・クヮント
  • グレイス・コディントン

STAFF

  • 監督: クレイグ・ティパー
  • プロデューサー: マイケル・ゴードン、ジャッキー・ギルバート・バウアー 
  • アートディレクター: スティーブ・ハイエット

製作年:2010年/製作国:アメリカ
配給:アップリンク
パートカラー/1時間31分