ベロニカは死ぬことにした

DVD発売中&レンタル中!

“私の世界には なんでもあるけど なんにもないの”
世界的ベストセラー作家パウロ・コエーリョの代表作が世界初の映画化!

ベロニカは死ぬことにした

INTRODUCTION

世界120ヵ国以上で翻訳され各国でベストセラー入り、マドンナ、ジュリア・ロバーツ、ビル・クリントンなどセレブの愛読者も多い人気作家パウロ・コエーリョ。彼の代表作が世界で初めて映画化されました。

退屈な人生にうんざりして自ら命を絶とうとした主人公・トワ(真木よう子)が目覚めたところはちょっと変わったサナトリウム。院長(市村正親)がぐしゃぐしゃの髪をかき上げながら宣告する。君はあと7日間の命だと。

院内では風変わりな人々が隔絶された独特の世界で毎日をすごしている。周囲がトワを心安らかに逝かせようと接触を避けるなか、絵描きになる夢を忘れられず、言葉を失ってしまったクロード(イ・ワン)だけは、トワに共感するなにかを感じているのだった。
最初は戸惑い、混乱するトワだったが、おいしいものを食べること、楽しむこと、美しい音楽を奏でる喜び、満ち足りたセックス、人生を彩る愛しいものすべてが彼女を変えてゆき、やがて正直な生への欲求が芽生えてくる。
初めて自分を認め、愛することのできたトワに訪れる出会いと別れ。身近に迫った死をきっかけに、退屈だったはずの人生が、いま輝きはじめる。

CAST

  • 真木よう子、イ・ワン
  • 風吹ジュン、中嶋朋子、荻野目慶子、淡路恵子、市村正親

STAFF

  • 監督: 堀江慶
  • プロデュース+脚本: 筒井ともみ
  • 原作: パウロ・コエーリョ(角川文庫『ベロニカは死ぬことにした』)
  • テーマ音楽: アンドレア・モリコーネ

第18回東京国際映画祭 「日本映画・ある視点」部門 公式参加作品

製作年:2005年/製作国:日本/製作:フィルム・コミッティ・ベロニカ(イマギネ 角川映画 東京映像工房)
配給:角川映画/製作賛助:角川出版映像事業振興基金信託
カラー/1時間46分/6巻/2895m/ビスタサイズ/DTS-S/R-15