TESE 孤高のストライカー

DVD好評発売中!

日本で生まれJリーグで育ったプロサッカー選手は、なぜ北朝鮮代表を選んだのか。
撮影期間1,000日、世界6ヶ国で撮影を続けた魂のドキュメンタリー

TESE 孤高のストライカー

INTRODUCTION

在日コリアン3世、鄭大世――彼はなぜ日本ではなく、北朝鮮を選んだのか?運命に翻弄され続ける若きストライカーの孤独と葛藤に迫る85分。

1984年名古屋生まれの在日3世のサッカー選手、鄭大世。父親は韓国籍だが、朝鮮学校で教育を受けてきたため、本人は祖国を北朝鮮としている。そのためか人一倍反骨心が強く、それが原因で孤独感を味わうことも多い。北朝鮮、韓国、日本ーー「故郷はいっぱいあるけど自分にはホームがない」と語る彼に密着し、その素顔と葛藤を描き出す。


【鄭 大世(チョン・テセ)プロフィール】
1984年名古屋生まれ。在日コリアン3世。ドイツブンデスリーガ・1.FCケルン所属。サッカー北朝鮮代表。
愛知朝鮮第二初級学校4年生の時にサッカーを始める。朝鮮大学校蹴球部を経て、2006年Jリーグ・川崎フロンターレに入団。2007年6月東アジア選手権2008予選大会において、北朝鮮代表として初選出され、得点王の活躍でチームの本大会出場に貢献。本選では、日本戦、韓国戦で得点を挙げる活躍を見せた。2009年6月には、北朝鮮代表として44年ぶりW杯出場を決めた。2010年W杯南アフリカ大会出場。W杯後、ドイツブンデスリーガ2部・VfLボーフムに移籍し、2010-2011年シーズンのホーム開幕戦で2得点を挙げる活躍を見せた。2012年1月、1.FCケルンに移籍。

CAST

  • 三浦知良(横浜FC)
  • 中村憲剛(日本代表/川崎フロンターレ)
  • 安英学(北朝鮮代表/柏レイソル)
  • 李忠成(元日本代表)
  • パク・チソン(元韓国代表/マンチェスターユナイテッド)
  • 金鍾成(元北朝鮮代表)
  • 姜誠 (作家)
  • 李貞琴(母親)
  • 鄭二世(兄)

STAFF

  • 監督: 姜 成明
  • 製作: 萩尾裕茂 小曽根太 川村英己
  • プロデューサー: 楠智晴 内田英治
  • 編集: 新田憲太郎
  • 整音: 三浦哲男
  • 企画協力: Evolution Inc.
  • 製作: 東京さくら印刷/ロード・トゥ・シャングリラ/エイチ・ケイ・リミテッド

製作年:2011年/製作国:日本
配給:『TESE』製作委員会/©2011「TESE」製作委員会
カラー/1時間25分