サガン −悲しみよ こんにちはー

人生そのものが最高のスキャンダルだった

サガン −悲しみよ こんにちはー

INTRODUCTION

デビュー作『悲しみよ こんにちは』が世界的ベストセラーになり、わずか18歳で有り余る富と名声を手に入れたサガン。しかし、作品以上に注目されたのは、サガン本人のスキャンダラスな人生だった。ゴシップ誌を賑わすセレブなパーティとギャンプルの日々。生死をさまよった交通事故。「破滅するのは私の自由」と発言して大騒動になったドラッグでの有罪判決。ミッテラン元大統領との親密な交際・・・。自由奔放に愛を求めて生きたサガン。その人生こそが小説にも勝る最高傑作だった。

CAST

  • シルヴィ・テステュー
  • ピエール・パルマード
  • ジャンヌ・バリバール
  • アリエル・ドンパール
  • リオネル・アベランスキ
  • ドゥニ・ポダリデス
  • マルゴ・アバスカル

STAFF

  • 監督: ディアーヌ・キュリス
  • 脚本: ディアーヌ・キュリス、マルティンヌ・モリコニ、クレール・ルマレシャル
  • 撮影: ミシェル・アブラモヴィッチ
  • 編集: シルヴィ・ガドゥメール
  • 美術: マキシム・ルビエール
  • 衣装: ナタリー・デュ・ロスコー
  • 装飾: アレクサンドラ・ラッセン
  • 作曲: アルマンド・アマール

製作年:2008年/製作国:フランス