羅生門 デジタル完全版

DVD&Blu-ray好評発売中!

映画史上に燦然と輝く日本映画の至宝! 黒澤明監督の代表作
私はこの映画でムツカシイことを言おうとしているのではありません…。
どうかこの映画をムツカシク見ていただかない事を希望します。
                                  1950年 黒澤 明

Story -ストーリー-

 戦乱と天災地変のつづく都に近い山科の藪の中に、一人の侍(森雅之)が胸の一突で死んでいた。侍とその妻(京マチ子)が、現場近くを通るのを見ていた旅法師(千秋実)と、侍の死体を最初に発見した杣売(志村喬)、そして検非違庁の役人に捕らえられた当時都の有名な盗賊多襄丸(三船敏郎)と侍の妻が検非違庁の庭にいた。

 旅法師と杣売は各々その手の次第を次第を証言した。役人に捕らえられた時多襄丸は、死んだ侍の弓の矢を持ち、その馬に乗っていたため有力な犯人の一人としてきびしく尋問されていた。多襄丸は、侍の妻の美しさにひかれ奪おうと決意し、侍をだまし、藪の中に引き入れ、しばり上げた。妻は多襄丸を殺そうと短刀で向かったが、逆に手ごめにされてしまった。侍の妻は、多襄丸と侍に決斗をせまった。そして多襄丸は侍を倒した。が妻はその場から消え失せていた。と証言した。侍の妻は夫の前で私を手ごめにすると刀をうばって逃げた。私は夫に殺してくれとたのんだが夫は冷笑し、私をあざわらった。私は錯乱し夫を殺し、死のうとしたが死にきれなかったと、多襄丸と異る証言をした。

  最後に検非違使は巫女の口を借りて侍の霊を語らせたところ…