楽園

「悪人」「怒り」に続く、吉田修一新たな最高傑作「犯罪小説集」、
綾野 剛,杉咲 花,佐藤浩市出演で映画化!
罪を犯した人間と、取り巻く人々の業と哀しみ―犯罪をめぐる“喪失”と“再生”を描く慟哭のヒューマン・サスペンス。

楽園

INTRODUCTION

楽園を知らない青年、楽園を探し求める少女、楽園を信じていた男―人はなぜ、罪を犯すのか?

多数の著書が映像化され、今最も注目されるベストセラー作家・吉田修一。2007年「悪人」、2014年「怒り」に続き、自身、「こんなにも物語をコントロールできず、彼らの感情に呑み込まれそうになったのは初めて。」と語る、新たな最高傑作「犯罪小説集」を映画化!
青田に囲まれたY字路――。ある夏の日、幼女誘拐事件が起こった。未解決のまま、住民の胸には罪悪感だけがしこりのように残り、事件直前まで被害者と一緒にいた紡は心に深い傷を負った。それから12年後―、再びそこで2つの悲劇が起こる。少女が行方不明となり、町営住宅で暮らす豪士が容疑者として疑われた。追い詰められ、街へと逃れるが、そこで豪士は驚愕の行動に出るのだった―。そしてY字路に続く集落、愛犬と暮らす養蜂家の善次郎は、村おこしの事業を進めていたが、話のこじれから村中の非難を受け、村八分状態に。善次郎は狂気に陥り、恐るべき事件へと発展する―。被害者の親友だった少女、容疑者の青年、そして限界集落で暮らす男。なぜ人は罪を犯すのか?なぜ自分だけ生き残ってしまったのか?それぞれの人生が交錯するとき、物語は衝撃のラストへと導かれる。
主人公・豪士役には、演じる役柄の幅広さとその演技力が高く評価され、主演作多数の人気実力派俳優・綾野 剛。紡には、急成長を遂げる若手注目女優・杉咲 花。善次郎には、その存在感で作品世界を支える、日本を代表する俳優・佐藤浩市。監督は、『64-ロクヨン-』で大ヒットを打ち出した、瀬々敬久。豪華キャスト,スタッフが集結し、2019年新たな衝撃作が誕生する。

CAST

  • 綾野 剛
  • 杉咲 花
  • 佐藤浩市

STAFF

  • 原作:「犯罪小説集」 (KADOKAWA刊): 吉田修一
  • 監督・脚本: 瀬々敬久

製作国:日本
原作:吉田修一「犯罪小説集」 (KADOKAWA刊)/配給:KADOKAWA