パッションTHE PASSION OF THE CHRIST

ビデオ・DVD好評レンタル&販売中!

誰も描けなかった、真実ゆえの衝撃。
アカデミー賞監督メル・ギブソンが挑むイエス・キリスト最後の12時間。
全米2000館の超拡大公開後、いよいよ日本へ――。

パッション

INTRODUCTION

アカデミー賞を席巻した「ブレイブハート」の監督、俳優メル・ギブソン。彼が12年もの構想歳月を費やし、約30億円という私財を投じて完成させた渾身の衝撃作。

「パッション」とは、キリストの「受難」。

おそらく、世界中で最も有名なキリストの最後、イバラの冠をかぶらされ、重い十字架の横木を背負い、ゴルゴダの丘で両手両足を釘打ちされた十字架刑の事実を、ここまで忠実に映画化したものはないだろう。想像を絶する痛み、苦しみの後の奇跡の復活――。
その凄惨さゆえに全米ではR指定となり、ローマ法王をも巻き込んでの論争に発展、公開前にもかかわらず、世界中のメディアが連日報道。

脚本はすべてラテン語、アラム語で書かれ、衣装、食習慣から、俳優の瞳の色、顔つきまで変えるほど徹底してリアリティにこだわった。敬虔なカトリック信者でも知られるメル・ギブソンが、監督第3作目にして自らのパッション(情熱)の全てをフィルムに焼きつけた本作は、キリストの人生、死、復活の意味を、圧倒的な映像の力で語りかけてくるにちがいない。

どうか、目を背けないでほしい。 すべては、その受難の後に始まるもの――。

CAST

  • ジム・カヴィーゼル Jim Caviezel
  • モニカ・ベルッチ Monica Bellucci
  • マヤ・モルゲンステルン Maia Morgenstern

STAFF

  • 監督・製作・共同脚本: メル・ギブソン Mel Gibson
  • プロデューサー: ブルース・デイヴィ Bruce Davey
  • 撮影監督: キャレブ・デシャネル Caleb Deschanel
  • : フランチェスコ・フリジェリ(プロダクション・デザイナー)/カルロ・ジェルヴァーシ(セット・デコレーター)
  • 衣装: マウリツィオ・ミレノッティ

製作年:2004年/製作国:アメリカ・イタリア合作/製作:アイコン エンターテインメント インターナショナル、マーカス・フィルム
サントラ:ソニー・ミュージック
カラー/2時間7分/7巻/3472m/スコープサイズ/ドルビーSRD/SDDS/字幕翻訳:松浦美奈/字幕監修:岡野啓子/PG-12