マスターズ・オブ・ホラー 恐-1グランプリMasters of Horror

DVD-BOX Vol.1&2 発売中!

ホラー映画の未来をかけた
かつてないドリーム・プロジェクト発進!!

マスターズ・オブ・ホラー 恐-1グランプリ

INTRODUCTION

「マスターズ・オブ・ホラー」。これはまさに、史上初の夢のプロジェクトだ。
偉大なホラー映画の才能たちが一堂に会し、全世界を死ぬほど恐がらせる。それが、このプロジェクトの最大の目的である。
ホラー映画は、常に観客から高い関心を得ている。しかしながら、今、ハリウッドでは、ティーンエイジャー向けに間違いなく映画をヒットさせるため、新作はほとんど過去のヒット作品と同じように作られていく。その結果、絶望的なほど、どれも似たようなものになってしまった。

このプロジェクトで最も目指した点は、集まった個性的な監督と同じぐらい、一つ一つの映画を唯一無二のものにすることだった。監督たちは、幅広い年齢層と文化的な背景をもとに、それぞれ全く違った映画を作り上げた。共通点は、どれもが恐ろしく、知的で、洗練され、それぞれに監督自身の個人的なスタイルが反映されているということだけだ。

そして、もう一つ重要なことは、できる限りの多様性を持たせるために、アジアやヨーロッパからも優れた映画監督を迎えることだった。彼らの明確な独自性と文化的な多様性は、ホラー世界の想像力を高める新たな基盤となることを確信していたからである。
特にアジア、日本のホラー映画は、今、世界で最も想像性に溢れ、人気や影響力もあり、日本からホラーの第一人者を迎えることは必須条件だったといえるだろう。

構想10年。このプロジェクトにふさわしい不吉な数である“13”人の監督を招き、また、キャラクターやサスペンスを組み立て、凝縮された恐怖を描くという点では、パーフェクトともいえる“1時間”で描く「マスターズ・オブ・ホラー」。今、かつて例を見ない、真に恐ろしいホラー・プロジェクトが放たれる!

STAFF

  • 監督 (「愛しのジェニファー」): ダリオ・アルジェント
  • 監督 (「ダンス・オブ・ザ・デッド」): トビー・フーパー
  • 監督 (「ヘッケルの死霊」): ジョン・マクノートン
  • 監督 (「世界の終り」): ジョン・カーペンター
  • 監督 (「ムーンフェイス」): ドン・コスカレリ
  • 監督 (「ゾンビの帰郷」): ジョー・ダンテ
  • 監督 (「ディア・ウーマン」): ジョン・ランディス
  • 監督 (「ハンティング」): ラリー・コーエン
  • 監督 (「虫おんな」): ラッキー・マッキー
  • 監督 (「閉ざされた場所」): ウィリアム・マローン

製作年:2006年/製作国:アメリカ
カラー