溝口健二の映画

INTRODUCTION

日本人がもっとも知らない、世界の偉人・溝口健二

黒澤明、小津安二郎とならび、日本が生んだ最も偉大な映画監督、溝口健二。
33年間の監督人生で約90本の傑作・名作を残した溝口は、1951年の「西鶴一代女」から「雨月物語」(52)、「山椒大夫」(53)とヴェネチア映画祭で三年連続の国際賞受賞という空前絶後の偉業を達成、世界のミゾグチとしてその名を轟かせる。フランソワ・トリュフォー、ジャン=リュック・ゴダールをはじめ、多くの世界の映像作家たちに影響を与えるとともに日本映画の黄金期を創出した。

海外、とりわけヨーロッパの人気は、黒澤・小津を凌いでおり、その評価は没後50年を経た現在でも変わらない。その証左に、世界のどこかで必ず溝口の映画は上映されている。1998年の生誕100周年にはヨーロッパ各国で大規模な巡回上映が開催。昨年のヴェネチア映画祭でも回顧上映が行われ、ニューヨークでも特集上映が開催された。
しかし、そうした世界的な評価と比べて過去15年間本格的な特集上映が行われていないなど、日本国内では再評価の機会が特に少なく、一般の溝口健二の知名度は相当に低い。溝口は、国境を越えて評価された日本人の第一人者であり、映画監督の枠すらも超越した芸術家であった。

約15年ぶりとなる今回の映画祭では、『溝口健二の映画』と銘打ち、「溝口健二入門編」となる代表作19作品をラインナップ。巨匠・溝口健二が遺した、「世界でもっとも美しい映画」を連続上映する。特に宮川一夫キャメラマンと組み世界で絶賛された後期8作品を全てニュープリント化して上映する。また、邦画各社の垣根を越え、現存する約30本の中で映画館での鑑賞に耐えうるものを揃えた。     
その完成された映像美と今なお観客の心を捉えて離さない普遍的なテーマ性を兼ね備えた日本の至宝とも言うべき「溝口健二の映画」。本映画祭は、その魅力をスクリーンでたっぷり味わうことのできる貴重な機会となるだろう。

■上映作品■
『浪華悲歌』/『祗園の姉妹』/『残菊物語』/『元禄忠臣蔵・前篇』/『元禄忠臣蔵・後篇』
『夜の女たち』/『雪夫人絵図』/『お遊さま』/『武蔵野夫人』/『西鶴一代女』/『雨月物語』/『祇園囃子』
『山椒大夫』/『噂の女』/『近松物語』/『楊貴妃』/『新・平家物語』/『赤線地帯』/『大阪物語』

STAFF

  • 監督: 溝口健二

製作国:日本