さよなら、アドルフLORE

これは、”ナチスの子供たち”の物語

さよなら、アドルフ

INTRODUCTION

1945年、春。ナチス親衛隊の高官を父に持つ14歳の少女ローレ。ナチス・ドイツの勝利を信じていた彼女は、ヒトラー総統が亡くなったという母の言葉にショックを受け混乱する。やがて両親は連合軍に拘束され、彼女は幼い4人の弟妹たちと取り残されてしまう。そこで、彼らを連れて遥か900キロも離れた祖母の家を目指すことに。ところが、敗戦を境にナチスに対する世の中の風向きは一変し、特権階級の生活を謳歌していたローレたちは行く先々で冷たい仕打ちに直面する。そんな中、偶然出会ったユダヤ人青年トーマスだけがローレに優しく手をさしのべる。それまで当然のように蔑んできたユダヤ人に助けられ、戸惑いを隠せないローレだったが…。

CAST

  • サスキア・ローゼンダール
  • カイ・マリーナ

STAFF

  • 脚本・監督: ケイト・ショートランド

2013年アカデミー賞 外国語映画賞オーストラリア代表
2013年ドイツ映画賞 作品賞・撮影賞・衣装賞・音楽賞ノミネート
2012年ロカルノ国際映画祭 観客賞受賞
2013年ストックホルム国際映画祭 作品賞・女優賞・衣装賞・音楽賞受賞

製作年:2012年/製作国:オーストラリア、ドイツ・イギリス
©2012 Rohfilm GmbH, Lore Holdings Pty Limited, Screen Australia, Creative Scotland and Screen NSW.
カラー