Staff -スタッフ-

監督
チュー・イェンピン 

1950年、中国安徽省生まれ。台湾に移住し、東呉大学外国語学部在学中にキン・フー監督の『侠女』(71年)にエキストラ出演したことがきっかけで、映画界に入る。78年に手がけた脚本が、アジア太平洋映画祭最優秀脚本賞を受賞。監督デビュー作は『小丑』(80年/未公開)で、これまでの監督作に、『カンフーキッド 好小子』(86年)、『ジャッキー・チェン ドラゴン特攻隊』(82年)、『炎の大捜査線』(91年)、『危険な天使たち』(95年)、『金城武 チャイナ・ドラゴン』(95年)、『金城武のピックアップアーティスト』(96年)などがある。台湾映画界きっての娯楽映画の名手。02年のプロデュース作品『挖洞人』(未公開)は、アジア太平洋映画祭審査員特別賞、ドーヴィル・アジア映画祭最優秀脚本賞を受賞した。

アクション監督
チン・シウトン 

1953年生まれ。香港の東方戯劇学校に学び、その縁でキン・フー監督の『大酔侠』(66年)に出演。父チン・コン(程剛)の監督作『十四女英豪』(72年)でアクション監督デビューを果たす。監督作に大ヒット作『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』シリーズ(87〜91年)や『ザ・SFX時代劇 妖刀・斬首剣』(82年)、『テラコッタ・ウォリア 秦傭』(89年)、『スウォーズマン』シリーズ(90年〜93年)、『冒険王』(96年)などがある。アクション監督としては、『男たちの挽歌U』(87年)、『狼 男たちの挽歌・最終章』(89年)、『ワンダーガールズ 東方三侠』(93年)などを手掛けて、香港随一のアクション監督としての地位を確立。また、チャン・イーモウ監督とは『HERO』(02年)、『LOVERS』(04年)、『王妃の紋章』(06年)と、コラボレーションが続いている。そのほかのアクション監督作品に、『少林サッカー』(01年)、『どろろ』(07年)、ピーター・チャン監督最新作『投名状(原題)』などがある。これまでに香港電影金像奨最優秀アクション指導賞に3度輝いている。

撮影監督
チャオ・シャオティン 

北京電影学院撮影学科を87年に卒業。『HERO』(02年)でカメラマンをつとめ、『LOVERS』(04年)で撮影監督に抜擢される。同作品でアカデミー賞最優秀撮影賞にノミネートされた。そのほかの作品に、『恋する地下鉄』(02年)、『王妃の紋章』(06年)などがある。また、CM界でも活躍しているほか、北京オリンピックと2010年に上海で開催されるワールド・エキスポのプロモーション映像制作を指揮することが決まっている。

美術
イー・チュンマン 

香港映画界を代表する美術監督。これまでに、『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』(87年)、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明』(91年)、『ラヴソング』(96年)、『ウィンター・ソング』(05年)で、香港電影金像奨最優秀美術賞を4度受賞しているほか、衣裳デザインを手がけた『王妃の紋章』(06年)ではアカデミー賞最優秀衣裳デザイン賞にノミネートされた。98年には金城武主演の『アンナ・マデリーナ』で監督デビューを果たしている。

衣裳
シャーリー・チャン 

『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』(87年)で台湾金馬奨衣裳デザイン賞を受賞するなど、香港映画界の第一線で活躍。これまで手がけた作品に、『狼 男たちの挽歌・最終章』(89年)、『狼たちの絆』(91年)、『アクシデンタル・スパイ』(01年)、『カンフーハッスル』(04年)、『セブンソード』(05年)、『レジェンド/三蔵法師の秘宝』(05年)などがある。

録音
ドゥ・ドゥチー 

台湾映画界を代表する録音技師。これまで手がけた作品に、エドワード・ヤン監督の『恐怖分子』(86年)、『牯嶺街少年殺人事件』(91年)、『エドワード・ヤンの恋愛時代』(94年)、『カップルズ』(96年)、『ヤンヤン 夏の想い出』(00年)、ホウ・シャオシェン監督の『戯夢人生』(93年)、『ミレニアム・マンボ』(01年)、『珈琲時光』(03年)、『百年恋歌』(05年)、ジェイ・チョウ初監督作品『言えない秘密』(06年)などがある。『ミレニアム・マンボ』およびツァイ・ミンリャン監督の『ふたつの時、ふたりの時間』(01年)で、カンヌ国際映画祭高等技術賞と台湾金馬奨最優秀音響賞受賞。

編集
チェン・ボーウェン 

これまで手がけた作品に、エドワード・ヤン監督の『牯嶺街少年殺人事件』(91年)、『エドワード・ヤンの恋愛時代』(94年)、『カップルズ』(96年)、『ヤンヤン 夏の想い出』(00年)のほか、『ラブゴーゴー』(97年)、『夜に逃れて』(99年)などがある。『最愛の夏』(99年)で台湾金馬奨最優秀編集賞受賞。

音楽プロデューサー
石川光IDEA Inc. 

日本映画界を代表する音楽プロデューサーのひとり。これまでに手がけた作品に、『時をかける少女』(82年)、『月はどっちに出ている』(93年)、『失楽園』(97年)、『不夜城』(98年)、『鉄道員』(99年)、『男たちの大和 YAMATO』(05年)、『椿三十郎』(07年)など、多数ある。