犬神家の一族(2006)

DVD好評発売&レンタル中!

日本映画界史上、最高のミステリー

巨匠・市川崑監督の遺作となった

Staff -スタッフ-

監督
市川崑 

1915年11月20日生まれ、三重県出身
33年に京都J・Oスタジオ(東宝の前身)に入社。発声漫画部で企画、原案、脚本、作画、撮影を担当。36年に助監督となり、石田民三、中川信夫、青柳信雄、阿部豊らに師事。47年、新東宝へ移り、翌48年、東宝争議の中、『花ひらく』で監督デビューを果たした。その後、風刺喜劇から始まり、文芸大作、記録映画、金田一耕助シリーズ、人形劇、娯楽時代劇など多彩な作品を送り出し、日本映画界を代表する監督として活躍している。また、アニメーション映画の監修、テレビドラマ・舞台の演出も多数手掛けている。
69年、黒澤明監督、木下惠介監督、小林正樹監督と“日本はもとより、世界の話題となる映画を作ろう”という主旨のもとに「四騎(よんき)の会」を設立。
82年、紫綬褒章叙勲。88年、勲四等旭日小綬章。94年、文化功労者として顕彰。01年、川喜多賞受賞。

製作
黒井和男/近藤邦勝/榎本和友 

プロデューサー
一瀬隆重 

脚本
市川崑/日高真也/長田紀生