Story -ストーリー-

ハリウッド⇔ポーランド、現実⇔映画、そして、ウサギ人間たち。
5つの世界が交差する。

ニッキー(ローラ・ダーン)とデヴォン(ジャスティン・セロー)は、キングスリー・スチュワート監督(ジェレミー・アイアンズ)が手がけるいわくつきの映画に出演することになる。役にのめりこむに従い、ニッキーは次第に、役柄と私生活を混同していく。
<彼女>はいったい何者なのか? 
物語はロサンゼルス、ポーランド、そしてインランド・エンパイアへと行き来し、世界は混沌に飲み込まれていく・・・。

PRIZE & REVIEW

‘06年ベネチア映画祭「栄誉金獅子賞』受賞!
‘07年全米映画批評家協会賞「実験的作品賞』受賞!




「リンチはちょっとねじれた形ではあるが、女性を愛している。
いや、女性というフィギュアを愛しているのかもしれない」

−ニューヨーク・タイムズ紙



「『INLAND EMPIRE』は、
人の心を変えてしまうくらいの強烈な副作用を持った劇薬である」

−ローリングストーン誌


「内容が分からなかったって?
それが、リンチを理解したってことなんだぜ」

−プレミア誌

インランド・エンパイア インランド・エンパイア インランド・エンパイア