氷菓 日本語字幕版

人気ミステリー作家・米澤穂信、シリーズ累計220万部突破「古典部シリーズ」初実写映画化―
山崎賢人・広瀬アリス出演

  • THEATER
  • OFFICIAL SITE
氷菓 日本語字幕版

INTRODUCTION

シリーズ累計220万部突破!ミステリーランキング3冠の人気ミステリー作家・米澤穂信デビュー作・青春学園ミステリー「氷菓」待望の実写映画化。緻密な謎解きの面白さと、“省エネ主義”の学生探偵と仲間たちのキャラクターの妙から多くのファンを獲得。メディアミックスもされ、コミックス累計90万部、アニメBD&DVDも累計19万枚を突破、舞台となった飛騨高山はファンの間で“聖地”となるなど、盛り上がりをみせる。ファン待望のシリーズ最新作は「いまさら翼といわれても」。 「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーとする“省エネ主義”の高校一年・折木奉太郎は、姉の命で廃部寸前の古典部に入部することに。そこに“一身上の都合”で入部してきた美少女・千反田える。一見、清楚なお嬢さまだがその正体は―「わたし、気になります!」となると誰にもとめられない、好奇心のかたまりのような少女だった。えるの好奇心に巻き込まれ、奉太郎は眠っていた推理力を発揮し、学園に潜む謎を次々と解き明かしていく。ある日、奉太郎がえるから受けた依頼―「10年前に失踪した伯父が残した言葉を思い出させてほしい」―それは33年前に起きたある事件と繋がっていたのだった。彼らは、33年前に発行された古典部文集≪氷菓≫と歴史ある学園祭に秘められた≪真実≫を解き明かすべく、その謎に挑んでいく。 主演、折木奉太郎演じるのは山?ア賢人。クールな省エネ男子であり、自身初となる「学生探偵」という難しい役どころに挑戦する。そして、ヒロイン・千反田えるに広瀬アリス。好奇心のかたまりなお嬢様というキャラクターを魅力たっぷりに演じる。監督は実力派女流監督・安里麻里。豪華キャストとスタッフで贈る、ほろ苦くも眩しい、謎解き青春学園エンタテインメント。

CAST

  • 山崎賢人
  • 広瀬アリス
  • 小島藤子
  • 岡山天音

STAFF

  • : 監督:安里麻里
  • : 脚本:安里麻里
  • : 原作:米澤穂信

製作年:2017年/製作国:日本/製作:© 2017「氷菓」製作委員会
原作:米澤穂信(角川文庫)/配給:KADOKAWA