ヒーローショー

DVD好評発売中!

敗者復活戦、ねえのかよ、
もう一度、やり直すのはダメかよ、
…生き直させてくれよ!

Staff -スタッフ-

監督・脚本
井筒和幸 

1952年奈良県出身。奈良県立奈良高等学校在学中から映画制作を開始。8mm映画『俺たちに明日はない』、卒業後に16mm『戦争を知らんガキ』を制作。75年、高校時代の仲間と映画制作グループ「新映倶楽部」を設立し、35mmのピンク映画『行く行くマイトガイ・性春の悶々』にて監督デビュー(井筒和生名義にて)。上京後、数多くの成人向け作品を監督した後、81年『ガキ帝国』で日本映画監督協会新人奨励賞を受賞。以降『みゆき』(83)、『晴れ、ときどき殺人』(84)、『二代目はクリスチャン』(85)、『犬死にせしもの』(86)、『宇宙の法則』(90)、『突然炎のごとく』(94)、『岸和田少年愚連隊』(96/ブルーリボン最優秀作品賞を受賞)、『のど自慢』(98)、『ビッグ・ショー!〜ハワイに唄えば〜』(99)、『ゲロッパ!』(03)など話題作をッチギ!LOVE&PEACE」(07)など、抒情性と痛快さを併せ持つエンターテインメント作品を作り続けている。
映画製作のほか、その歯に衣着せぬ痛快なコメントやキャラクターがお茶の間でも愛され、テレビやラジオ番組にも出演し、映画評論や情報番組でのコメンテーターとしても人気が高い。

脚本
羽原大介 

1964年東京都出身。日本大学芸術学部卒業後、芸能プロダクションのマネージャーを経て、つかこうへい氏に師事。門下生として同劇団に参加。運転手兼大部屋役者の修業時代を経て脚本家に転進した。ライター稼業のかたわら劇団「新宿芸能社(現:昭和芸能舎)」を主宰し、小劇場で定期的に公演を行う。井筒和幸監督の『ゲロッパ!』(03)で劇場用映画脚本家としてデビュー。主な作品にテレビドラマ「代紋TAKE2」「明日があるさ」、アニメ「ふたりはプリキュア」などがあり、舞台の戯曲も手掛ける。『パッチギ!』(04)で第29回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞。その他、『テニスの王子様』(06)で共同脚本、『ゲゲゲの鬼太郎』(07)で脚本を手掛ける。『フラガール』(06)では第30回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞している。

脚本
吉田康弘 

1979年7月5日大阪府出身。同志社大学卒業。なんばクリエイターファクトリー映像コースで井筒和幸監督に学ぶ。同監督作品『ゲロッパ!』(03)の現場に半ば押しかけるように見習いとして参加し、映画の世界へ。その後、『パッチギ!』(05/井筒和幸監督作品)、『村の写真集』(05/三原光尋監督作品)、『雨の街』(06/田中誠監督作品)、『嫌われ松子の一生』(06/中島哲也監督作品)などの制作に参加。また脚本家としてオムニバス映画『The ショートフィルムズ/みんな、はじめはコドモだった』の一作『TO THE FUTURE』(08/井筒和幸監督作品)の共同脚本を担当。2006年、大竹しのぶ主演映画『キトキト!』で初監督。初メガホンをとった作品は、型破りな母子の物語として話題になった。

音楽
藤野浩一 

1955年新潟県出身。東京音楽大学音楽学部器楽科卒業。作編曲家、キーボード奏者、オーケストラ指揮者。1982年より 中森明菜コンサートの音楽監督を7年間にわたって務める傍ら、NHKレッツゴーヤング、愉快にオンステージ、紅白歌合戦など数多くの音楽番組のレギュラースタッフとして作編曲活動を行う。現、神奈川フィルハーモニー管弦楽団・ポップスオーケストラ音楽監督。東京フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、広島交響楽団とシリーズ化したコンサートが進行中。
映画音楽作品に『のど自慢』『ビッグ・ショー!〜ハワイに唄えば〜』『岸和田少年愚連隊』『さすらいのトラブルバスター』『(金)(ビ)の金魂巻』『危ない話』(以上、井筒和幸監督作品)『部屋とYシャツと私』(今井啓毅生監督作品)『タイム・アバンチュール 絶頂5秒前』(滝田洋二郎監督作品)、その他テレビ音楽等多数。

撮影
木村信也 

1969年生まれ、東京都出身。柴崎幸三、山本英夫に師事し、撮影技師として『キトキト!』(06/吉田康弘監督)、『インスタント沼』(09/三木聡監督)、『かずら』(10/塚本連平監督)、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(10/三浦大輔監督)などを手掛ける。また、『ミッドナイトイーグル』(07/成島出監督)では山岳撮影、『INJU』(08/バーベット・シュローダー監督)ではカメラオペレーターとして参加している。公開待機作に『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』(10/豊島圭介監督)がある。

照明
尾下栄治 

1965年生まれ、東京都出身。82年より照明を始め、多くの作品で照明チーフを務めたあと、『非・バランス』(00/富樫森監督)で照明技師デビュー。その後は『誰がために』(05/日向寺太郎監督)、『紙屋悦子の青春』(06/黒木和雄監督)『恋するマドリ』(07/大九明子監督)、『たみおのしあわせ』(08/岩松了監督)『歩いても 歩いても』(08/是枝裕和監督)、『ディア・ドクター』(09/西川美和監督)、『空気人形』(09/是枝裕和監督)、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(10/三浦大輔監督)など多くの作品を手掛ける。

録音
白取貢 

1962年生まれ、北海道出身。伊丹十三作品、北野武作品に録音助手として参加後、『DEAD OR ALIVE 2 逃亡者』(00/三池崇史監督)にて録音技師デビュー。主な作品に『パッチギ!』(05/井筒和幸監督)『大日本人』(07/松本人志監督)、『カムイ外伝』(09/崔洋一監督)など。『ゲロッパ!』(03/井筒和幸監督)および『ホテル・ハイビスカス』(03/中江裕司監督)で第58回毎日映画コンクール録音賞、『ゆれる』(06/西川美和監督)および『フラガール』(06/李相日監督)で第61回の同賞をそれぞれ受賞。『フラガール』で日本アカデミー賞優秀録音賞受賞。『ディア・ドクター』(09/西川美和監督)では日本アカデミー賞ノミネート。

編集
冨田伸子 

1964年生まれ、香川県出身。日本映画学校出身。編集を担当した主な作品は『ビッグ・ショー!〜ハワイに唄えば〜』(99/井筒和幸監督)『陰陽師?U』(03/滝田洋二郎監督)『パッチギ!』(05/井筒和幸監督)『みやび 三島由紀夫』(05/田中千世子監督)『初恋』(06/塙幸成監督)『櫻の園 -さくらのその-』(08/中原俊監督)など。『陰陽師』(01/滝田洋二郎監督)、『壬生義士伝』(03/滝田洋二郎監督)で日本アカデミー賞優秀編集賞受賞。