カルメンという名の女PRENOM CARMEN

ヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞したゴダールの傑作ラブロマンス!
私が愛したら、あなたは終りよ。
『肉体の悪魔』のマルーシュカ・デートメルス、『ゴダールのマリア』のミリアム・ルーセルの”動”と”静”の美しく初々しい演技は必見!

カルメンという名の女

INTRODUCTION

仲間たちと銀行を襲撃する美貌の娘カルメンと、彼女と恋に落ちてしまった銀行警備のジョゼフ。二人で愛の逃避行を始めるが、ほどなくしてジョゼフは逮捕されてしまい釈放された時には、カルメンは仲間たちと計画していた実業家の誘拐を実行に移す時だった―。二人がたどる数奇な運命を主軸として、そこにカルメンの伯父で精神病院に隠遁中の元映画監督ジャン(ゴダール自身が演じている)、そしてベートヴェンの弦楽四重奏曲を奏でる演奏家達の姿が交差しつつ、悲喜劇的なラストを迎える。

CAST

  • マルーシュカ・デートメルス
  • ジャック・ボナフェ
  • ミリアム・ルーセル
  • ジャン=リュック・ゴダール

STAFF

  • 監督: ジャン=リュック・ゴダール
  • 脚本: アンヌ=マリー・ミエヴィル
  • 製作: アラン・サルド
  • 撮影: ラウール・クタール

1983年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞、技術功績賞受賞

製作年:1983年/製作国:フランス
(c) 1983 STUDIOCANAL - France 2 Cinéma
カラー/1時間25分/スタンダード/R-15