Cast -キャスト-


市川雷蔵 

1931年(昭和6年)、8月29日、京都生まれ。生後六ヶ月で歌舞伎俳優市川九団次の養子となる。1946年11月、15歳の時に大阪歌舞伎座で三世市川莚蔵として初舞台を踏む(「中山七里」娘お花役)。1951年、関西歌舞伎界の長老市川寿海の養子となり、同年6月、大阪歌舞伎座「白浪五人男」で襲名披露、五世市川雷蔵を名乗る。1953年、大映より入社を懇願され、翌54年入社。デビュー作は「花の白虎隊」(54)。この作品は雷蔵を主演に、勝新太郎、花柳武始、小町瑠美子、高倉一郎の新人5人をまとめてデビューさせた当時のアイドル映画。翌55年に巨匠、溝口健二監督によって「新・平家物語」の主役、平清盛に抜擢され、それまでの“線の細い美男タイプ”のイメージを打ち破る、情熱的で骨太な演技を見せる。58年には初の現代劇である市川崑監督の「炎上」(原作・三島由紀夫「金閣寺」)に周囲の反対を押し切って出演。金閣寺に放火する吃音症の青年という難役を見事に演じ、翌年のキネマ旬報主演男優賞、ブルーリボン主演男優賞、NHK映画最優秀主演男優賞を受賞、確固たるスターの地位を築く。
このころを境に、長谷川一夫に代表されるような“白塗りの二枚目”から、リアルなメイクとリアリズムを追及したドラマで、雷蔵独自の清々しさと悲劇性を際立たせた作品が多くなっていく。特に後に名コンビと謳われる三隅研次監督の作品には、「大菩薩峠」(60)「斬る」(62)眠狂四郎シリーズ等、雷蔵の個性を最大限に発揮させた傑作が多い。
また、池広一夫監督と組んだドラマチックな股旅時代劇「沓掛時次郎」(61)「ひとり狼」(68)、田中徳三監督との「お嬢吉三」(59)「濡れ髪牡丹」(61)の艶やかさ、時代劇の大御所伊藤大輔監督との“歌舞伎もの”「弁天小僧」(58)「切られ与三郎」(60)の華麗な格調高さ等、多様な魅力で年間平均約10本もの作品に主演する。シリーズものとしては、忍びの者シリーズが62年より(全8作品)、眠狂四郎が63年より(全12作品)、若親分が65年より(全8作品)、陸軍中野学校が66年より(全5作品)それぞれ始まり、市川雷蔵はプログラムピクチュアの黄金期を担って行くことになる。総出演作品数は特別出演のものも含め、158本にのぼる。
1969年7月17日、ガンにより逝去。享年37歳。遺作は「博徒一代・血祭り不動」(69)。