NEWS -ニュース-

2009/08/28

市川雷蔵『大雷蔵祭』ギネス世界記録に大挑戦!
8/29誕生日に史上最大の映画祭(100本上映)で正式申請!

今年、没後40周年を迎える伝説の映画俳優−市川雷蔵。
1969年に37歳の若さでこの世を去り、15年間の役者人生で出演した作品は159本。その多くが「眠狂四郎」を始めとする著名な主演作を持つ映画黄金時代のスーパースター。若尾文子や中村玉緒など多くの女優に愛され、市川崑や三隅研次などの日本映画を代表する監督から信頼され、そして永遠のライバルは勝新太郎だったといいます。


記念すべき本年の雷蔵祭は、主演作から知られざるカメオ出演作まで、史上最大100作品 を集めました。
この上映作品数は、映画祭としても俳優の出演作品数としても、世界最大級の規模です。

市川雷蔵の誕生日(8/29)を目前に、本日8/28にギネス世界記録に正式申請する運びとなりました。


この秋、雷蔵の魅力が再びスクリーンによみがえります!!