CSI:10 科学捜査班

INTRODUCTION

全米高視聴率の犯罪捜査ドラマ「CSI: 科学捜査班」。第9シーズンでラスベガスを去ったグリッソム主任(ウィリアム・ピーターセン)に代わり、CSIに加わった犯罪学の権威ラングストン(ローレンス・フィッシュバーン『マトリックス』シリーズ)。

第9シーズン第9・10話に登場した伝説の凶悪犯・ハスケル(ビル・アーウィン)との因縁の対決や、シリーズ最凶のライバルとなる神経外科の知識を駆使する連続殺人鬼”ジギル博士”が出現。慣れない科学捜査に悪戦苦闘しつつも、犯罪学者ならではの名捜査で数々の難事件に挑む。

ライリーが急に辞職し、CSIは大忙し。そんな中、交差点で側面衝突事故が発生。被害車両で絶命していたのは若手女優オリビアだった。加害車両の運転者ウィルクスも頚椎損傷で半死状態。その所持品から彼がオリビアのストーカーで誘拐を企ていたことが判明した。奇跡的に命を取り留めたウィルクスは自分が殺したと供述するが、ラングストンは腑に落ちない。一方、安宿で男性の撲殺死体が発見される。その身元は意外にも…。

[第1話 ラスベガスリターン]から抜粋

CAST

  • ローレンス・フィッシュバーン(銀河万丈)
  • マージ・ヘルゲンバーガー(高島雅羅)
  • ジョージ・イーズ(家中宏)
  • エリック・スマンダ(村治学)
  • ウォレス・ランガム(咲野俊介)
  • ポール・ギルフォイル(麦人)
  • ロバート・デヴィッド・ホール(西村知道)

STAFF

  • 製作総指揮: ジェリー・ブラッカイマー
  • 主題歌: Won't Get Fooled Again/The Who

製作国:アメリカ
カラー