カルロスCARLOS

Blu-ray&DVD発売中!

世界で一番淋しい男 伝説のテロリスト“カルロス”

カルロス

INTRODUCTION

テロ14件、殺害83人、負傷者100人以上の事件に関与した伝説のテロリストの軌跡

【第一部】ベネズエラの活動家イリッチ・ラミレス・サンチェスが暗号名カルロスを名乗り、数多くの事件を起こしプロのテロリストにのし上がっていく過程を描いた第一部。日本赤軍によるハーグの仏大使館襲撃の後方支援、オルリー空港でのイスラエル機砲撃、パリのトゥーリエ街における警官殺害等、ハリウッドのアクション映画をしのぐ鮮烈な描写の連続がみるものをテロリストの日常へ一気に引きずり込む。革命を夢見る男の栄光はいつまで続くのか。

【第二部】銃と女を愛した孤独なテロリストの人生最高のクライマックスが壮大なスケールで描かれる第二部。西独革命細胞(RZ)、パレスチナ解放人民戦線(PFLP) の同士たちと共にウィーンのOPEC 本部を襲撃、アラブ諸国の代表団を人質に取るカルロス。関係者を飛行機で誘拐しアルジェリア、リビア、チュニジア各国で革命の正義を訴える彼らに全世界のメディアが注目する。一躍ヒーローになったカルロスだが栄光の瞬間が長く続かないことに彼はまだ気づいていなかった。

【第三部】米ソ冷戦の終結で世界秩序の変化が起こり、革命家としての役割を大きく変貌させていくカルロスを描いた第三部。シリアに守られ東ヨーロッパに拠点をもうけた彼らは莫大な大金を動かし武器の密輸を行い、ヨーロッパにおけるテロ黒幕として暗躍していたが、やがてベルリンの壁崩壊と共に支援者を失い最果ての地スーダンへと逃れる。各国の情報機関に終われ、酒と女に溺れていくカルロス。テロリスト人生の終末が徐々に迫ってきていた。

CAST

  • エドガー・ラミレス
  • ファディー・アビ・サムラ
  • アフマド・カーブル

STAFF

  • 監督: オリヴィエ・アサイヤス
  • 脚本: オリヴィエ・アサイヤス、ダン・フランク
  • 原案: ダニエル・ルコント
  • 撮影: ヨリック・ルソー 、 ドニ・ルノワール

製作年:2010年/製作国:フランス・ドイツ
提供:マーメイドフィルム、角川書店、シネマクガフィン/配給:マーメイドフィルム/© CAROLE BETHUEL / JEAN CLAUDE MOIREAU / PATRICK SWIRC / FILM EN STOCK / CANAL+
カラー/5時間26分