アタゴオルは猫の森

「この冒険は、美味しいのよぉ!」
そこは、言葉を話す猫と人間が、自由に暮らす不思議な世界。

  • OFFICIAL BLOG
アタゴオルは猫の森

INTRODUCTION

愛され続けて30年!驚異のロングセラーを誇る伝説コミックが、3D-CGアニメで待望の映画化!!連載開始から30年、長く愛され続けているコミックがある。単行本の発売部数はシリーズで800万部を突破、現在も新たなファンを獲得している、ますむらひろしの「アタゴオル」シリーズだ。2本足で立って歩き、言葉を話す猫のキャラクターは、「アタゴオル」の中だけにとどまらず、大ヒット映画「銀河鉄道の夜」やCMにも登場し、広く親しまれている。そしてついに、待ち望まれた映画化が実現した。

豊かな緑と色鮮やかな花々にあふれた、ヨネザアド大陸のアタゴオル。そこでは、猫と人間が言葉を交し、仲良く暮らしていた。その日は、年に一度の祭りの日。歌って踊る猫たちの中に、ひときわ騒がしい陽気なデブ猫の姿が・・・。彼こそがアタゴオル随一のトラブルメイカー、ヒデヨシだ。底知れぬ生命力と無敵のずうずうしさで我が道を行くヒデヨシが、またしても事件をおこしてしまった!
封印された禁断の箱を見つけると、周りの制止を無視して開けてしまったのだ。中にはいったい何が入っているのか?果たしてアタゴオルの運命は――?

もうすぐ、心も体も踊りだす音楽と冒険いっぱいのファンタジーがやって来る!

STAFF

  • 監督: 西久保瑞穂
  • 脚本: 小林弘利
  • キャラクター・デザイン: 福島敦子
  • 美術監督: 黒田聡

製作年:2006年/製作国:日本/製作:ミコット・エンド・バサラ、デジタル・フロンティア、エイベックス・エンタテインメント、TYO、WISH、アミューズメントメディア総合学院、読売広告社、メディアファクトリー
原作:ますむらひろし (メディアファクトリー刊)/配給:角川映画/協力:チャイルド・ライン、FOUR LEAF/製作協力:シネマ・インヴェストメント/(C)2006ますむらひろし・メディアファクトリー、アタゴオルフィルムパートナーズ
カラー/1時間21分/5巻/2200m/スコープサイズ/ドルビーSRD