Story -ストーリー-

1914年、第一次大戦下。
過酷極まりないフランス北部の戦場に10万本のクリスマス・ツリーが届いた。
その聖なる日、銃声は消え、境界線を越えて心に響く歌声が兵士達を包み込んでいく……。

スコットランドのとある教会。息せき切って入ってきた青年が弟と神父に向かって勢いよく言う。
「いよいよドイツに宣戦布告だ!明日グラスゴーに出発だ、ついに俺たちの人生が始まる!」。
弟も兄の後をすぐさま追うように外へ出て行く。
だが、パーマー神父(ゲイリー・ルイス)は複雑な眼差しで2人を見送り、祈りを捧げる。

同じ頃、ドイツのオペラ劇場では、ソプラノ歌手のアナ・ソレンセン(ダイアン・クルーガー)が、夫であるテノール歌手ニコラウス・シュプリンク(ベンノ・フュルマン)と共に舞台に立っていた。と、突然、軍人が壇上に現れ、ドイツが包囲されたことを知らせる皇帝ウィルヘルムの勅旨を読み上げる。戦争が始まるのだ。

戦場のアリア 戦場のアリア

フランス北部の最前線デルソー、砲弾が鳴り響く防空壕でフランス軍中尉オードベール(ギョーム・カネ)は、もうすぐ子どもが生まれるはずの愛しい妻の写真をじっと見つめていた。
軍の重要人物の息子であり隊を任されている彼は、スコットランド軍を援軍に自国軍の指揮をとる。ドイツ軍の塹壕までわずか数メートルの最前線では、一瞬の油断が命を落とす危険な状況が続いていた。
クリスマスは家で過ごせるはずだという希望と、部下のポンシェル(ダニー・ブーン)の明るさがわずかな慰めになっている。

戦場のアリア

しかし、戦況は変わらないまま、クリスマスが近づいていた。

ある日、アナは硬い面持ちでドイツ軍司令部を訪ねた。戦地の皇太子陛下に司令部でのコンサートを開き聖歌を捧げたいと申し出たのだ。
徴兵された夫に会いたいがための無謀な計画だった。たった一晩だけでも夫に会えるのなら全てを投げ出す覚悟で…。
その願いは聞き届けられ、夫ニコラウスは厳格なホルストマイヤー中尉(ダニエル・ブリュール)からアナと一緒に御前演奏を命ぜられる。
そして舞台上で二人は再会し、離れていた時間を埋めるように美声を交し合い、互いの愛を確かめるのだった。

戦場のアリア 戦場のアリア

クリスマスを祝うのは、司令部だけではなかった。ドイツ軍の塹壕では故郷へ帰れない兵士達のために何万本というクリスマス・ツリーが届き、キャンドルの灯が美しく輝いている。
スコットランド軍の駐屯所からは、バグパイプの音色が響いてきたのに続いて兵士達のコーラスが加わった。

そして奇跡は起こった。
皇太子のコンサートから戻ったニコラウスがドイツ軍の塹壕からノーマンズ・ランドへクリスマス・ツリーを手に歩み出て、すばらしいテノールを響かせたのだ。
それからは、誰もためらう者などいなかった。バクパイプでの伴奏に乗せて、ドイツ軍とスコットランド軍の「聖しこの夜」の合唱がこだまする。

既にそこは戦場ではなかった。明日はどうなるか分からないが、確かに心ある温かな交流が広がっていく……。

戦場のアリア 戦場のアリア