アンゴルモア元寇合戦記

Introduction -イントロダクション-

これは、今まで語られなかった歴史の断章
諦めない勇者たちの物語

13世紀。モンゴル帝国はその版図を東西へ一挙に拡大。
後世ノストラダムスの予言書を研究する歴史家たちはこう唱えた。
「モンゴル―それは”世界を滅ぼす大王”(ルビ:アンゴルモア)の出づる地である」と―――
そして、モンゴル帝国の勢力が日本へと向けられる。

1274年、文永の役。
中世日本を揺るがす大事件「元寇」を斬新な視点で描く本作は、
率土の地・対馬で、圧倒的な勢力に対し、
逃げ惑い、抗い、奮起し、立ち向かった人々の姿を描く。

全てを失い罪人となった朽井迅三郎を筆頭に、
それぞれの「一所懸命」を貫く彼らの葛藤と覚悟の戦いが幕を開ける!