チロヌップのきつね

命より大切なものを抱きしめて…涙と感動を呼ぶキタキツネ親子の愛の絆。

チロヌップのきつね

INTRODUCTION

北の海にチロヌップという島がありました。きつねざくらが咲く春に、二匹の子ぎつねが生まれました。男の子はカン、女の子はコロという名前です。二匹は父さんぎつねと母さんぎつねと仲良く暮らしていました。
ある日、毎年こんぶ採りにやって来る老夫婦とコロがばったり出会い、コロはしばらくこの親切な人間たちと一緒に楽しく暮らすことにしました。
やがて秋―。戦争が激しくなり北の島にも兵隊がやってきました。カンも父さんぎつねも殺され、残るコロも兵隊がしかけたワナにはまり動けなくなりました。母さんぎつねは、毎日エサを運び続けるのですが、雪の降る夜とうとう二匹とも死んでしまいました。戦争が終わったいくどめかの春、島へやってきた老夫婦は、きつねざくらの咲く地にきつね親子の悲劇を知り、ぼう然とするのでした。

CAST

  • 音無美紀子
  • 佐々木敏
  • 安達忍
  • 槐柳二
  • 京田尚子

STAFF

  • 原作: 高橋宏幸(金の星社刊)
  • 監督: 今沢哲男
  • 脚本: 松山善三
  • 音楽: 後藤悦治郎(紙ふうせん)

製作年:1987年/製作国:日本
原作:高橋宏幸(金の星社刊)
カラー/1時間12分/ビスタサイズ