紫式部 源氏物語GENJI MONOGATARI

………お急ぎにならないと、夜の闇が消えてしまいますわ………
……わたしは何をしても許される身ですから……

紫式部 源氏物語

INTRODUCTION

美貌と才知に恵まれた光源氏は父・桐壷帝の計らいにより、臣下に身を置いていた。源氏は数多くの女性から慕われていた。複雑な過去を持つ夕顔、六歳年上の六条御息所、正妻の葵の上。しかし、光源氏がもっとも心を痛めていたのは、桐壷帝の妻であり義母の藤壷への想いだった。秋に光源氏は藤壷の姪・紫を引き取った。自然の中で成長した紫は都の女にはない魅力を持ち、その面差しはどこか藤壷に似ていた。やがて藤壷が懐妊したが、生まれた男の子は光源氏と瓜ふたつであった。桐壷帝は光源氏に若宮の行末を頼んだ。光源氏は桐壷帝の第二皇子に当たるが、第一皇子東宮の母・弘徴殿の女后は東宮の立場が危うくなるのを恐れ、譲位を早めるべく策動を始めた。その頃、光源氏の前に新しい女が現われた。源氏はそれが兄・東宮の后となる朧月夜とは知らずに近づいた。桐壷帝は譲位し、朱雀帝の世となった。葵の上は、光源氏の子を出産したが、不幸にも物の怪につかれた六条御息所は葵の上を殺してしまった。御息所は自らの所業を悔い、伊勢の斎宮となり都を離れた。また桐壷院が亡くなり、藤壷は尼僧となった。光源氏のもとから女性たちが静かに去っていく。

CAST

  • 風間杜夫
  • 大原麗子
  • 田島令子
  • 風吹ジュン
  • 萩尾みどり
  • 梶三和子
  • 横山めぐみ

STAFF

  • 監督: 杉井ギサブロー
  • 脚本: 筒井ともみ
  • 音楽: 細野晴臣

製作年:1987年/製作国:日本/製作:日本ヘラルド映画
:©朝日新聞社/テレビ朝日/KADOKAWA
カラー/1時間50分/ビスタサイズ/ドルビーステレオ