角川映画オススメシネマ映子の部屋-EIKO's ROOM-

今月のピックアップ・バックナンバー

今月のピックアップ・バックナンバー

第63回「『市川崑生誕100年記念』第3回 映画祭2月のおススメ作品」

生誕100年記念「市川崑映画祭 光と影の仕草」が角川シネマ新宿で絶賛公開中です。大阪・シネ・ヌーヴォを皮切りに、順次全国上映していきますので、お楽しみに!
今回は角川シネマ新宿での2月上映作品の中から、大井利一がおススメする作品を紹介いたします。

『処刑の部屋』(’56)は、当時センセーショナルな話題を巻き起こした石原慎太郎原作の映画化。若者の無軌道な性と暴力を描きますが、社会人としての“大人”になりきれず、青春の中の友情を試す無軌道かつ純粋(甘チャン?)な主人公を川口浩が熱演。川口のキャラクター「若さゆえの無茶を起こすものの、憎み切れないあんちくしょう」っぷりが、本作でも発揮。増村保造作品でもそのキャラクターで数々の名作を残していますが、市川崑作品では本作と『おとうと』が、双璧でしょう。育ちの良さが鼻に付かず、若さの故の暴走が可愛くも感じられるのは、川口浩だからこそのキャラクターなのではないかと、筆者は思っています。また、『太陽を盗んだ男』における菅原文太ばりの川口の不死身っぷりも必見です。

『あなたと私の合言葉 さようなら、今日は』 (’59)は、「『有楽町で逢いましょう』に次ぐ“合言葉映画”で、新しい合言葉となった「さようなら、今日は」は十万人の題名公募の結果、決定」(当時のプレスより引用)された作品です。川村淳が唄う主題歌「さようなら今日は」は、観終わった後も口ずさんでしまうことでしょう。筆者はなんとかしてシングルレコードを入手しました。隠れた名曲です。話の本筋は男やもめで育った娘の結婚をめぐる話ですが、市川監督らしいスピーディーな台詞の応酬、強い女性に翻弄される男性陣、などコメディータッチで描かれ、清々しさが残る傑作です。父親役の佐分利信の重厚さは、戦前からのスターならではのオーラが醸し出すのでしょう。是非、ご覧あれ!

『私は二歳』(’62)は、監督・市川崑、脚本家・和田夏十ご夫妻が、現実に二歳のお子さんの親となって、松田道雄の「私は二歳」と「私は赤ちゃん」読んで映画化を考えた作品。二才の赤ちゃんが主役という映画史上初めての試み(当時のプレスより)だけにあって、撮影方法も様々な実験がなされたそうです。画郭も横長のスコープサイズ全盛の時代に敢えてスタンダードサイズを選んだのもその結果の一つなのでしょう。

『悪魔の手毬唄』(’77)は、『犬神家の一族』に続く「金田一耕助シリーズ」で本作以降は東宝での製作になります。シリーズの中でも人気が高い作品でもありますが、筆者は切なさでもシリーズ屈指だと思っています。岸惠子と若山富三郎の間にある感情が、ラストに向けて涙を誘うことは請け合いです。劇中の「鬼首村手毬唄」もこれまた耳に残ります。サントラCDも発売されているようです。

今月ご紹介した作品は、「市川崑映画祭 光と影の仕草」で上映されます。上映スケジュールはこちらでご確認ください。

今回の紹介した『悪魔の手毬唄』を除く3作品は弊社からDVDを発売しております。前々回ご紹介した3作品を収録した「市川崑 4K Master Blu-ray BOX」も、絶賛発売中です!

他の大映、角川映画、日本ヘラルド映画の作品については、「角川シネマコレクション」公式HPをご確認ください。

また、東京国立近代美術館フィルムセンターでは、三隅研次監督の大回顧特集上映「映画監督 三隅研次」が3月11日まで開催されます。『座頭市血煙り街道』(’67)は、カツシンと東映の剣豪スター・近衛十四郎との一騎打ちが見もの。これぞ、ザ・チャンバラな一作です。大映作品のみならず、勝プロ作品はもちろんの事、「必殺」シリーズも見られるファン垂涎の特集です。上映作品の詳細、場所などはHP(http://www.momat.go.jp/fc/exhibition/misumi-2016-1/)でご確認ください。

処刑の部屋

製作年:1956年

「俺たちはしたい事をするんだ!」―青春のパッションと孤独
戦争によって、人生における最も基盤となるべき訓練を受ける時間を持たなかったこれらの失われた時代の人々が、青春の奔流のままに爆発する姿はそのまま現代の苦悩を示すものである。私はその苦悩の実体を、貪欲に解剖し、冷静に見きわめたい。
―市川崑(公開当時プレスシートより)

あなたと私の合言葉
さようなら今日は

製作年:1959年

東京娘と大阪娘が素敵に楽しい結婚合戦!
昨日の恋よさようなら、新しい恋よこんにちは!

『有楽町で逢いましょう』に次ぐ本年度合言葉映画で、新しい合言葉となった「さようなら今日は」は十万人の題名公募の結果決定したもの。

私は二歳

製作年:1962年

おかあさんは山本富士子 おとうさんは船越英二 そしてボクが主役です!

市川崑映画祭−光と影の仕草

製作年:

その出会いは永遠に色褪せない

「巨匠」と呼ばれながらも常に時代の先端を軽やかに駆け抜けた日本を代表する映画監督・市川崑‐『雪之丞変化』『おとうと』『炎上』デジタル復元版ほか一挙上映!

座頭市血煙り街道

製作年:1967年

みなし子かばい、居合もにぶる!
迫るは剣豪素浪人!
市逆転の仕込みの業は・・・